中薬の分類

  1. 解表薬(げひょうやく)
    ・辛温解表薬
    ・辛涼解表薬
  2. 清熱薬(せいねつやく)
    ・清熱瀉火薬
    ・清熱燥湿薬
    ・清熱涼血薬
    ・清熱解毒薬
    ・清虚熱薬
  3. 瀉下薬(しゃげやく)
    ・攻下薬
    ・潤下薬
    ・峻下逐水薬
  4. 袪風湿薬(きょふうしつやく)
  5. 芳香化湿薬(ほうこうかしつやく)
  6. 利水滲出薬(りすいしんしゅつやく)
  7. 温裏薬(おんりやく)/散寒薬(さんかんやく)
  8. 理気薬(りきやく)/行気薬(こうきやく)
  9. 消導薬(しょうどうやく)
  10. 駆虫薬(くちゅうやく)
  11. 理血薬
    ・活血化瘀薬
    ・止血薬
  12. 化痰止咳平喘薬(けたんしがいへいぜんやく)
    ・化痰薬
    ・止咳平喘薬
  13. 安神薬(あんしんやく)
    ・重鎮安神薬
    ・養心安神薬
  14. 平肝熄風(へいかんそくふうやく)
  15. 開竅薬(かいきょうやく)
  16. 補虚薬(ほきょやく)/補益薬(ほえきやく)
    ・補気薬
    ・補陽薬
    ・補血薬
    ・補陰薬
  17. 収渋薬(しゅうじゅうやく)
  18. 催吐薬(さいとやく)/涌吐薬(ゆうとやく)
  19. 外用薬(がいようやく)
中薬学

清熱薬(せいねつやく)の概念

漢方の治療原則では「熱なる者はこれを寒す」であり、熱のある者に用いる薬が清熱薬です。よって清熱薬はだいたい寒涼の性質を持っているものが分類されます。使用する際にはその熱がどこのどういう熱なのか、ということを考えながら使用することが大事です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました