吐き気に使う漢方薬

漢方薬の解説

【呉茱萸湯】の解説~冷えによる嘔吐や頭痛の漢方薬~

胃が冷えたことに伴う、嘔吐・吃逆(しゃっくり)に対する代表処方です。温める作用の強い「呉茱萸」をメインにして、胃腸の働きを改善する生薬たちで構成される漢方薬です。片頭痛に効果がある漢方薬としても知られています。呉茱萸湯の効果のポイントや注意点について解説します。
漢方薬の解説

吐き気に対する基本処方【小半夏加茯苓湯】の解説~効果的な使い方~

小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)は、吐き気、悪心、嘔吐に用いられる漢方薬。ショウガも配合されます。つわりや乗り物酔いなど様々な状況の吐き気に使用されますが、これが適さない吐き気もあります。吐き気があるときの服用方法についても解説します。
漢方薬の解説

【半夏厚朴湯】の解説~ストレスなどで乱れた「気」の巡りを正常化する漢方薬~

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)は気うつを治す理気剤の代表的方剤です。 性格的には神経質や方、几帳面な方に用いられることが多い。特に喉に何かがつかえているような感じがあるときのファーストチョイス。適応する症状や、副作用・注意点について解説します。
タイトルとURLをコピーしました