漢方薬の解説

漢方薬の解説

「大建中湯」の押さえておくべき効果と副作用

消化器機能を改善する処方(建中湯類)のひとつです。手術後の腸管癒着や腸閉塞(イレウス)の予防または治療に用いられる他、便秘薬として使用されます。腸を刺激する大黄が含まれないとか、お腹を温める漢方だということで慢性便秘に穏やかに効きそうなイメージがあるかもしれませんが本当は…大建中湯の大事なポイントをまとめて解説します。
漢方薬の解説

冷えと下痢に頻用される「人参湯」「理中丸」

人参湯(にんじんとう)は、お腹が冷えていて消化器のはたらきが低下しているときの漢方薬です。下痢に対して頻用されている処方の一つです。人参湯が適する冷えや下痢の特徴についてまとめます。もともと冷え症の人や、冷たいものを摂りすぎた時の症状にも。理中丸(りちゅうがん)とは人参湯を丸剤にしたものです。
漢方薬の解説

花粉症・鼻水への「小青竜湯」の押さえておくべき効果と副作用

アレルギー性鼻炎や花粉症に用いられることが多い小青竜湯(しょうせいりゅうとう)。効能効果、選択するときの大事なポイント、副作用と注意点などについて、まとめて解説いたします。
漢方薬の解説

下剤を使うと腹痛や下痢を起こす場合に「桂枝加芍薬大黄湯」

桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)に大黄を加えた処方です。下剤を飲まないと便が少しずつしか出ない、お腹が張る、でも下剤を使うと腹痛が強くなり、気持ちよくない。高齢者の便秘にも用いられます。
漢方薬の解説

腹痛を伴う下痢や便秘に「桂枝加芍薬湯」

桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)は、生薬の構成は 桂枝湯(けいしとう)と同じで、芍薬の量を倍増したものになります。小建中湯(しょうけんちゅうとう)から膠飴を除いたものにも相当します。風邪に用いる桂枝湯の芍薬を増やすだけで、なぜお腹の薬として使えるのか。各生薬の働きとともに桂枝加芍薬湯の効果を解説します。
漢方薬の解説

鼻炎などの鼻づまりに「葛根湯加川芎辛夷」

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)の解説。葛根湯にセンキュウとシンイを加えたもので、主に葛根湯の症状と、鼻の症状(鼻がつまる、鼻水が出るなど)があるときに用いられます。
漢方薬の解説

桂枝湯と葛根湯のあいだ「桂枝加葛根湯」

桂枝加葛根湯(けいしかかっこんとう)は、桂枝湯に葛根を加えたものです。桂枝湯、桂枝加葛根湯、葛根湯の違いと使い分けについて。
漢方薬の解説

風邪(カゼ)や蕁麻疹に使われる「桂麻各半湯」

桂麻各半湯(けいまかくはんとう) は桂枝湯(けいしとう)と麻黄湯(まおうとう)を合わせた処方です。 が、生薬の配合をみれば葛根湯(かっこんとう)ともよく似ています。桂麻各半湯の効果と副作用について。また葛根湯との違いを解説します。
漢方薬の解説

「麻黄湯」のシンプルな解説

麻黄湯(まおうとう)の構成生薬は、①麻黄②桂枝③杏仁④甘草の4種類。比較的シンプルな構成ですが、そのため効き目もシャープです。比較的シンプルに解説します
漢方薬の解説

「葛根湯」のキホン

葛根湯(かっこんとう)は、風邪(感冒)の常備薬として活用される代表的な漢方薬です。 風邪薬のイメージが強いですが、カゼ以外の適応範囲も広いです。とても有名な漢方薬ではありますが、基本的なポイントはおさえておきましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました