漢方薬の解説

漢方薬の解説

【平胃散(へいいさん)の解説】~食べすぎ飲みすぎによる胃もたれの漢方薬~

平胃散(へいいさ)は、食べ過ぎによる胃もたれの漢方薬と知られています。漢方的には、胃腸(脾)に食べ物由来の「湿邪」が停滞していて、胃腸障害を起こしているときに用いられます。平胃散の構成生薬の特徴、他の消化器系の漢方薬との違い、使用時の注意点について解説します。
漢方薬の解説

【人参養栄湯(にんじんようえいとう)の解説】~十全大補湯との違いとは~

人参養栄湯(にんじんようえいとう)は、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)ととても似ている漢方薬です。人参養栄湯は、気虚+血虚+冷え(虚寒)がある「十全大補湯」の適する症状で、さらに痰や咳などの呼吸器の症状または、不眠・不安などの精神的な症状が伴ってみられるときに用いられます
漢方薬の解説

【猪苓湯(ちょれいとう)の解説】~排尿時に違和感や不快感があるときの漢方薬~

猪苓湯が膀胱炎などに使われる場合、 主な目的は、 膀胱に水分を引きこんで、尿を希釈する、 それによって、膀胱炎様の症状である、膀胱の刺激感、排尿痛、違和感、不快感を和らげることです。その他、膀胱炎や尿道炎に「猪苓湯」を使うときに知っておいて欲しいこと
漢方薬の解説

【柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)の解説】~やや虚証向きの柴胡剤~

柴胡桂枝湯は、「小柴胡湯」と「桂枝湯」とを合わせたもので、やや虚証向きの「柴胡剤」です。2つの処方を兼ね備えるので、適応範囲が非常に広い方剤となります。柴胡桂枝湯の特徴と注意点について解説します。
漢方薬の解説

【五苓散(ごれいさん)の解説】~水毒に用いる代表的な利水薬~

五苓散(ごれいさん)は「利水薬」として有名な漢方薬。二日酔い対策の漢方薬として常備している人も多いかもしれません。水が過剰にあることが原因の症状であれば応用できる、適応範囲の非常に広い漢方薬です。五苓散の作用の特徴や、使用時のポイントまとめて解説します。
漢方薬の解説

【白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)の解説】~冷やしながら渇きを潤す漢方薬~

白虎加人参湯の生薬はすべて体内の水分を保持し、潤し、口渇を止めるもので構成されています。白虎加人参湯を使える症状について解説。熱中症や日射病にも。
漢方薬の解説

【清暑益気湯(せいしょえっきとう)の解説】~夏向きの「補中益気湯」と言われる理由~

清暑益気湯は、暑さを清めて元気を益す(増す)という名前があるように夏バテ対策の漢方薬として知られています。清暑益気湯の効果を、ベースになっている生脈散(しょうみゃくさん)と、これと構成生薬が似ている補中益気湯との違いとともに解説します。
漢方薬の解説

【桂芍知母湯(けいしゃくちもとう)の解説 】~患部に発赤や熱感がある関節痛の漢方薬~

関節痛や関節リウマチに用いられている漢方薬。清熱作用のある知母(ちも)が配合されていおり、患部に熱をもっているときにも適します。しかし、麻黄・附子・甘草など少し注意が必要な生薬も含まれています。桂芍知母湯の生薬構成のポイントや副作用などの注意点について解説します。
漢方薬の解説

【抑肝散(よくかんさん)の解説】~たかぶった「肝」を抑える漢方薬~

認知症の薬というイメージがあるかもしれませんが、もともとは小児のための方剤です。夜泣き、疳(かん)の虫、チック、ひきつけなど、情緒が不安定な状態にある子供に対して、または、そんな子供への不安やイライラで育児ストレスを抱える母親に対して用いられてきたものです。
漢方薬の解説

【加味逍遥散(かみしょうようさん)の解説】~更年期障害だけじゃない~

女性の不定愁訴、不安、いらいらなどの精神神経症状、更年期障害などによく使われる漢方薬です。加味逍遙散(かみしょうようさん)の効果のポイントや注意点について解説します。
漢方薬の解説

【防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)の解説】~脂肪を燃やすだけじゃない本当の効果~

防風通聖散はCMの影響で脂肪を燃やす薬という印象が強いですが、漢方薬として本来の防風通聖散の効果を、配合されている生薬の特徴とその作用とともに解説します。防風通聖散の適している人、注意点、ダイエット目的以外の利用の仕方について。
漢方薬の解説

【茵蔯蒿湯(いんちんこうとう)の解説】~「湿熱」があるときの漢方薬~

もともとは肝胆の湿熱による黄疸を治す薬として使われていた漢方薬です。ですが、黄疸がなくても、肝胆または脾胃の「湿熱」を取り去る代表的方剤として広く応用されます。茵蔯蒿湯と湿熱について、茵蔯五苓散との違いについて、使用のポイントを分かりやすく解説します。
漢方薬の解説

【麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)の解説】~冷えや寒気を感じるカゼや痛みに~

配合されている麻黄・附子・細辛の3種類の生薬名がそのまま名前になっている漢方薬。高齢者の感冒の他、さまざまな症状に用いられますが、基本的には、体力が弱くて冷えの強い人、または冷えを伴う症状、に用いられます。麻黄附子細辛湯に配合されている生薬について、また使用時のポイントや注意点について解説します。
漢方薬の解説

【疎経活血湯(そけいかっけつとう)の解説】~疎経と活血で痛みを止める~

「疎経活血湯」(そけいかっけつとう)は、17種類もの生薬が配合されている方剤です。 主には痛みやしびれに使われる漢方薬です。 一般的には、腰から下肢にかけての痛みに、となっていますが、 手足のしびれ、肩関節も含め・腰・膝など上半身でも下半身でも対象になり得ます。配合される生薬と、作用の特徴について解説します。
漢方薬の解説

【十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)の解説】~気と血を両方補う漢方薬~

三大補剤(補中益気湯・十全大補湯・人参養栄湯)のひとつ。十全大補湯は、気虚と血虚をともに改善したいときの漢方薬で、体力が著しく消耗している状態のときに使います。十全大補湯の効果や副作用、使用のポイントについて。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました