鼻の症状に使われる漢方薬

漢方薬の解説

【荊芥連翹湯】~皮膚の痒みや炎症、耳やのどの炎症に用いられる漢方薬~

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)の解説ページです。蓄膿症や慢性鼻炎のほか、アトピー性皮膚炎のような慢性的な皮膚疾患に、体質改善を兼ねてよく用いられる漢方薬です。
漢方薬の解説

【苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)】の解説

胃腸虚弱で冷え症の人の、咳や鼻水に用いられる漢方薬 苓甘姜味辛夏仁湯りょうかんきょうみしんげにんとう 少し覚えづらい名前かもしれませんが、配合されている7種類の生薬の名前から一文字ずつとって並べた名前になっています。 「小青竜...
違い・使い分け

鼻づまりに「葛根湯加川芎辛夷」か「辛夷清肺湯」か

葛根湯加川芎辛夷と辛夷清肺湯との違い、使い分け 鼻づまりに使う生薬といえば、まず「辛夷しんい」です。 モクレンの花蕾(つぼみ)で、 カゼや副鼻腔炎の鼻水・鼻閉・頭痛に対して配合されますが、 とくに、鼻の通りを良くする効果...
漢方薬の解説

【辛夷清肺湯】~鼻づまりや蓄膿症に用いられる漢方薬~

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)の解説 辛夷清肺湯しんいせいはいとうは、 鼻の通りを良くする作用のある辛夷と、 肺の熱を清する(鼻の奥の炎症をしずめる)生薬が配合された漢方薬です。 炎症性の鼻閉(鼻づまり)や、濃くて黄色...
漢方薬の解説

【麻黄附子細辛湯】~冷えや寒気を感じるカゼや痛みに用いる漢方薬~

麻黄附子細辛湯の解説ページ。高齢者の感冒の他、さまざまな症状に用いられますが、基本的には体力が弱くて冷えの強い人、または冷えを伴う症状に用いられます。麻黄附子細辛湯に配合されている生薬の効果、使用時のポイントや注意点について解説します。
漢方薬の解説

【小青竜湯】の解説~水っぽいサラサラの鼻水や痰が出るときの漢方薬~

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)の解説ページです。体が冷えた時やアレルギーなどで、気道など粘膜から「水っぽくて色が薄い」痰や鼻水がたくさん出るときに使う漢方薬です。効能効果、使用のポイント、副作用と注意点などについて、まとめて解説いたします。
漢方薬の解説

【葛根湯加川芎辛夷】の解説~鼻水や鼻づまりのときの漢方薬~

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)の解説ページです。葛根湯を用いるような症状と、そこに鼻の症状(鼻がつまる、鼻水が出るなど)があるときに用いられる漢方薬です。構成生薬、使用のポイント、副作用や注意点についてまとめます。
タイトルとURLをコピーしました