【麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)の解説】~冷えや寒気を感じるカゼや痛みに~

麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)の解説漢方薬の解説

麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう):MBST

麻黄附子細辛湯の概要

  1. 麻黄・附子・細辛の3種類の生薬で成り立っていて、その生薬名がそのまま名前になっている漢方薬です。
    「麻黄細辛附子湯」と書かれていることもあります。(並びが違うだけで同じです)

  2. 麻黄と附子と細辛とで、新陳代謝を高め、熱産生を促します。
    高齢者の感冒の他、さまざまな症状に用いられますが、基本的には、体力が弱くて冷えの強い人、または冷えを伴う症状、に用いられます。

  3. 医療用エキス製剤では、コタロー・ツムラ・三和の3メーカーがあります。
    (コタローのは漢方薬ではめずらしいカプセル剤があるのも特徴です)
スポンサーリンク

麻黄附子細辛湯の出典

『傷寒論』(3世紀)に記載されている方剤です。

陽虚証(陽気が弱っている人)の感冒の初期に用いる処方とされます。

→最後に詳しく解説します。

麻黄附子細辛湯を構成する生薬について

  • 麻黄(マオウ):マオウ(マオウ科)の地上茎
  • 附子(ブシ):ハナトリカブト(キンポウゲ科)の塊根を加工したもの
  • 細辛(サイシン):ウスバサイシン(ウマノスズクサ科)の根及び根茎

3つとも体を温める生薬です。

附子→陽虚の改善。新陳代謝を高める。横になりたくなるような倦怠感、冷えによる頭痛を改善します。

麻黄細辛と共に軽く発汗させて、体表の寒邪を追い出します。

麻黄・細辛には止咳作用があります。

一般的に、高齢者の風邪(カゼ)の初期に適した配合になっています。


また、風邪以外では、

麻黄・附子・細辛によって、水の代謝を高めて、水分の偏在を正す、冷えによる水滞を除く効果(利水作用)も期待できます。

附子・細辛には鎮痛作用もあります。

ですので、寒湿証とそれによる痛みにも応用することができます。

よって麻黄附子細辛湯は次のような症状に用いられています。

麻黄附子細辛湯が適応する症状

  • 感冒、気管支炎、咳嗽、のどの痛み、流感、のどがチクチクするような感冒や熱性疾患の初期
  • アレルギー性鼻炎、水様性鼻汁、慢性副鼻腔炎、花粉症、寒冷刺激で出る鼻水
  • 冷え、四肢の疼痛冷感冷えをともなう頭痛、関節痛、神経痛、めまい
  • 帯状疱疹(ヘルペス)後の神経痛(冷えを伴う場合)、寒冷じんましん、日光過敏症
  • 腹圧性尿失禁

添付文書上の効能・効果

【ツムラ】

悪寒、微熱、全身倦怠、低血圧で頭痛、めまいあり、四肢に疼痛冷感あるものの次の諸症:
感冒、気管支炎

【コタロー】

全身けん怠感があって、無気力で、微熱、悪寒するもの。
感冒、気管支炎。

【三和】

悪寒、微熱、全身倦怠、低血圧で頭痛、めまいあり、四肢に疼痛冷感あるものの次の諸症:
感冒、気管支炎、咳嗽

麻黄附子細辛湯を使用するときのポイント

麻黄附子細辛湯を使用するときのポイント

高齢者や、体力の弱い人、病後や過労によって新陳代謝が衰えて、冷えの傾向の強い人に用いられます。

風邪(カゼ)に用いる場合

~麻黄附子細辛湯が用いられるカゼの特徴~

  • 倦怠感があり、だるい、横になりたい、座っておきたい
  • 背中全体にゾクゾクとした強い寒気を感じる
  • 冷えによって頭痛が起こる
  • 喉がチクチクと痛い
  • サラサラの透明な鼻水、または薄い痰やそれによる咳がある

風邪ではない場合でも、

水滞を除く作用によって、

冷えを伴うアレルギー性鼻炎、寒冷刺激によって流れてくる透明な鼻水などにも使えます。

3つの生薬だけで構成される麻黄附子細辛湯の効果は、シャープに現れます。

通常は症状のある期間だけ服用すればオッケーで、

症状によっては、頓服でも数時間内で効果がみられます。

体質改善の目的で、症状がないのに常用する必要はありません。

鎮痛目的で使用される場合であっても、

冷えを伴う、または冷えによって症状が増悪する痛み、というのがポイントです。

麻黄附子細辛湯の副作用・注意点について

  1. 附子が配合される虚寒証向き(体力がなく、冷えがある・さむけがある人向き)の方剤です。
    のぼせ、ほてり、高熱など、熱証のある人には使えません。
    元気な人の服用には向いていません。

  2. 麻黄により胃痛、不眠、動悸、排尿障害などの副作用が起こることがあります。
    特に血圧が高い人、心疾患のある人は注意が必要です。(短期間の使用で止めてください)
    症状が治まったら中止して構いません。
    漫然と長期間の服用を続けるべきものではありません。

  3. 他の漢方薬と併用する場合は、麻黄・附子・細辛が重複していないか確認してください。
    あえて(小青竜湯など)重複するように処方されることもあり得ますが、分量が多くなれば副作用のおそれも増しますので、慎重にお使いください。

  4. 麻黄も附子も細辛もドーピング検査でひっかかる薬です。
    アスリートの方は注意してください。

  5. 市販薬(第2類医薬品として)で購入できる麻黄附子細辛湯の製品には「サンワロンM」(三和生薬)などがあります。
    用法用量や使用上の注意、薬剤師や登録販売者の指示、または添付文書の説明を守ってください。

『傷寒論』の麻黄附子細辛湯について解説

『傷寒論』の麻黄附子細辛湯について解説

少陰病始めて之を得るに、反て発熱し、脉沈の者は麻黄細辛附子湯之を主る。

とあります。

少陰の病というのは、陽気が虚してしまっており、脈が細く、ただ横になって寝ていたい状態です。

本来は、体は弱って冷えており、熱は出ないはず。

しかし、この少陰の病に入っているのに、発熱が生じており、脈が沈であれば、麻黄細辛附子湯が良いでしょう。
というような内容です。

高齢者や、体力が弱く冷え症の方の感冒は、(太陽病からではなく)少陰病から始めることも多くあります。

陽虚で体は冷えて弱っているのに、体表も風寒の邪に侵されてしまった状態です。

そこで、
表寒を温めるのが麻黄
裏寒を温めるのが附子
表裏ともに温める細辛
麻黄で体表の寒邪を発散させ、

同時に附子で体内の冷えを温めて体の機能を改善(陽気の回復)、

それに細辛を加え麻黄と附子の効果を相乗的にバックアップ、

3つの精鋭生薬の協力プレーによって、寒気と発熱を同時に治します。

少陰病の、表裏双解剤と言われます。

ちなみに、脈での判断は専門家じゃないと難しいですが、

悪寒と発熱があって、

脈が浮いている → 麻黄湯
脈が沈んでいる → 麻黄附子細辛湯

となります。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました