皮膚の症状に使う漢方薬

漢方薬の解説

【温経湯(うんけいとう)】の解説

温経湯(うんけいとう)は、月経と関わりのある経絡を温め、気(き)と血(けつ)を十分に巡らせます。月経不順、不正出血、不妊症などに用いられ、また手のほてりや湿疹、皮膚炎にも応用されます。温経湯の作用の特徴や適する症状、注意点について解説します。
違い・使い分け

「ヨクイニン」と「薏苡仁湯(よくいにんとう)」の間違いに注意!

ヨクイニンと薏苡仁湯 「ヨクイニン」と「薏苡仁湯(よくいにんとう)」 名前は似ていてもまったく違うものです。 「ヨクイニン」は、肌あれやイボに使われます。 「薏苡仁湯」は、関節痛や筋肉痛に使われます。 成分や効能の...
漢方薬の解説

【排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)】の解説

排膿散及湯とは、二つの方剤、排膿散(はいのうさん)と排膿湯(はいのうとう)が合わさったもの。排膿散・排膿湯、それぞれの特徴をまとめ、それらを合わせたことによる排膿散及湯の効果のポイントについて解説します。
漢方薬の解説

【升麻葛根湯(しょうまかっこんとう)】の解説

「升麻葛根湯」という名前は一見「葛根湯」に升麻を加えたようなものにも感じられますが、違います。処方の主役が「升麻」と「葛根」の2つの生薬であるということで、麻疹(はしか)にも使用されていた方剤です。
漢方薬の解説

【当帰飲子(とうきいんし)】の解説

~乾燥肌の皮膚のかゆみに用いる漢方薬~ 当帰飲子とうきいんしは、「血虚けっきょ」にともなって発生する「かゆみ」に用いる漢方薬です。漢方的には血虚生風けっきょせいふうに対する方剤とされます。血虚証に用いる四物湯しもつとうをベ...
皮膚の症状に使う漢方薬

アトピー性皮膚炎の漢方治療の特徴と注意点について

「漢方薬で根本から治したい」ですが漢方薬はステロイドの代わりとなるものではありませんアトピー性皮膚炎の治療のための注意点や、治療に有効な漢方薬についてご紹介します。
漢方薬の解説

【三物黄芩湯(さんもつおうごんとう)】の解説

手足の不快な火照り、手足がほてって眠れないなどの症状によく用いられる漢方薬。その他、イライラ、湿疹、痒みなどにも。もともとは産後に使用されていた薬、三物黄芩湯の効果や注意点について解説します。
漢方薬の解説

【防風通聖散の解説】~脂肪を燃やすだけじゃない本当の効果~

防風通聖散はCMの影響で脂肪を燃やす薬という印象が強いですが、漢方薬として本来の防風通聖散の効果を、配合されている生薬の特徴とその作用とともに解説します。防風通聖散の適している人、注意点、ダイエット目的以外の利用の仕方について。
漢方薬の解説

【茵蔯蒿湯の解説】~「湿熱」があるときの漢方薬~

もともとは肝胆の湿熱による黄疸を治す薬として使われていた漢方薬です。ですが、黄疸がなくても、肝胆または脾胃の「湿熱」を取り去る代表的方剤として広く応用されます。茵蔯蒿湯と湿熱について、茵蔯五苓散との違いについて、使用のポイントを分かりやすく解説します。
漢方薬の解説

【十味敗毒湯の解説】~皮膚の症状のための日本生まれの漢方薬~

華岡青洲(はなおかせいしゅう)が創ったとされる日本生まれの漢方薬。皮膚のできもの、腫れ物など、主に皮膚科領域の疾患に用いられています。特に脂漏性湿疹に対しては漢方薬のファーストチョイス。十味敗毒湯の効果の特徴や注意点について。
漢方薬の解説

【黄連解毒湯(おうれんげどくとう)】の解説

~炎症や熱っぽい興奮を鎮静化する漢方薬~ 黄連解毒湯おうれんげどくとうは、つよい清熱せいねつ作用をもつ漢方薬です。清熱作用とは、熱を冷やしたり、炎症を鎮めたりする作用です。さまざまな炎症症状(皮膚炎、口内炎、急性胃炎、充血、出血症状など)...
タイトルとURLをコピーしました