【温経湯(うんけいとう)の解説】~冷えと唇や手足の乾燥がある人の月経や皮膚のトラブルに用いられます~

漢方薬の解説

温経湯(うんけいとう)の解説

温経湯は、月経と関わりのある経絡を温め、気(き)と血(けつ)を十分に巡らせます。

月経不順、不正出血、不妊症などに用いられ、また手のほてりや湿疹、皮膚炎にも応用されます。

温経湯の作用の特徴や適する症状、注意点について解説します。

温経とは

温経湯の「温経」とは、経絡(けいらく)を温める、という意味。

経絡とは、気や血が巡っている通路のことで、東洋医学独特の概念です。

からだの各部位(臓腑、組織、筋肉、皮膚など)はすべてこの経絡というネットワークでつながっており、そこに気と血が十分巡って正常に機能します。

経絡に問題が起こり、気や血が巡らなくなると、その経絡のつながっている部位に影響がでる、と考えられています。

特に、婦人科の疾患に関わるものとして、

子宮とつながっている経絡に、衝脈(しょうみゃく)と任脈(にんみゃく)とがあります。あわせて衝任といいます。

月経のトラブルの多くは、この衝任の問題ととらえることができます。

温経湯というのは、この月経と関わりのある衝任、という経絡を温める、

衝任の働きを調整することによって、様々な月経のトラブル(月経不順、月経痛、不正性器出血など)を治療するのに用いることができる、

そういう意味が込められた名前です。

温経湯の構成生薬

温経湯というのは、月経と関わりのある衝任という経絡を温めることで、経絡に気(き)と血(けつ)を十分に巡らせるわけで、

生薬の構成もそのようになります。12種類の生薬が配合されます。

  • 呉茱萸(ごしゅゆ)
  • 桂枝(けいし)または桂皮(けいひ)
  • 当帰(とうき)
  • 芍薬(しゃくやく)
  • 川芎(せんきゅう)
  • 牡丹皮(ぼたんぴ)
  • 阿膠(あきょう)またはゼラチン
  • 人参(にんじん)
  • 麦門冬(ばくもんどう)
  • 半夏(はんげ)
  • 生姜(しょうきょう)
  • 甘草(かんぞう)

温経湯のポイント

構成している生薬のはたらきをおおまかに整理すると↓のようになります。

呉茱萸・桂枝・生姜 ⇒ 温めて気を巡らせる

当帰・芍薬・川芎・牡丹皮 ⇒ 血を補い、血を巡らせる

人参・甘草・阿膠・麦門冬 ⇒ 乾きを潤す

半夏・人参・甘草・生姜 ⇒ 胃腸機能を高め、気血の産生を助ける

芍薬・甘草 ⇒ 痛みを止める

体をあたためる生薬がたくさん入っているので、基本的には、冷えのある方向きの薬です。(下腹部が冷えて痛むなど)

一方で、血が十分巡っていないことで、皮膚が乾燥しやすく、手荒れ、肌荒れ、(冬はあかぎれ)、または、手足のほてり、手の平に不快な熱感があり、唇や口がよく乾燥する、などが起こりやすく、これに滋潤効果のある生薬が対応します。

それに加えて、月経トラブルの常用薬である当帰や芍薬などにより月経不順(周期の延長または短縮、無月経)、月経過多、不妊などのときに適しています。

温める薬とともに牡丹皮を配合することで、冷えによって生じる瘀血をとっていきます。

止血作用のある阿膠も入っているので不正出血でも使われます。

温経湯の効能効果

  • 大きく分けると、婦人科系の症状と、皮膚の症状と、2通りの応用の仕方があります。
  • 月経周期に関連して良くなったり悪くなったりすることが多い、というのも特徴です。

【ツムラ】

手足がほてり、唇がかわくものの次の諸症:
月経不順、月経困難、こしけ、更年期障害、不眠、神経症、湿疹、足腰の冷え、しもやけ

【コタロー】

冷え症で手掌がほてり、口唇が乾燥しやすいつぎの諸症に用いる。
指掌角皮症、更年期神経症、月経不順、月経過多、月経痛、頭痛、腰痛、帯下。

【薬局製剤】

体力中等度以下で、手足がほてり、唇がかわくものの次の諸症:
月経不順、月経困難、こしけ(おりもの)、更年期障害、不眠、神経症、湿疹・皮膚炎、足腰の冷え、しもやけ、手あれ(手の湿疹・皮膚炎)

副作用や注意点

温経湯は、冷えがあり、(または不正出血があって)月経不順、月経痛、あるいは更年期障害や不妊症に使用される処方となっています。

加えて、血や津液(陰血)による滋潤作用が行き届いておらず、手足のほてり・唇の乾燥があるというのが前提になります。

ほかによく似た適応をもつ漢方薬に、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)がありますが、こちらはむくみやすい人向きの薬ですので、乾燥傾向のある人向きの温経湯とは、きちんと使い分ける必要があります。

体を冷やさないように、温経湯も温かくして服用するのが基本ですし、普段からもなるべく冷飲食には注意して、下腹部や下半身を冷やさないようにこころがけましょう。

胃腸の弱い人は、食欲不振、吐き気、下痢など起こすことがあります。心配なときは少量から試してください。

長期間服用されるときは、甘草の副作用に注意してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました