瘀血で使われる漢方薬

漢方薬の解説

【 治打撲一方(ぢだぼくいっぽう)の解説】

~打撲や捻挫に効く漢方薬の効果とは~ 治打撲一方ぢだぼくいっぽうは、日本で作られた漢方薬。「打撲を治す処方」という名前のとおり、打撲や捻挫による腫はれや痛みに使用されます。生薬の構成の特徴と、どのような痛みに用いることができるかを解説...
漢方薬の解説

【大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)】の解説

昔は虫垂炎の薬。では今は? 昔、手術や抗生剤がない時代、虫垂炎(いわゆる盲腸)などは大黄牡丹皮湯で治していたという話が有名ですが、近年は基本的にまず抗生物質が用いられますので、大黄牡丹皮湯の虫垂炎での出番は減っているかもし...
漢方薬の解説

【桂枝茯苓丸】の解説~瘀血に使われる漢方薬の代表的処方~

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は駆瘀血剤の代表的処方。 血行不良の改善や血行不良による痛みの緩和にはたらき、 血の巡りが悪いことで起こる諸症状に用いられます。三大漢方婦人薬の一つですが、男女を問わず使用可。構成生薬の特徴や、副作用、注意点について。
タイトルとURLをコピーしました