【 治打撲一方(ぢだぼくいっぽう)の解説】~打撲や捻挫に効く漢方薬の効果とは~

漢方薬の解説

治打撲一方(ぢだぼくいっぽう):JDI

治打撲一方は、日本で作られた漢方薬。

打撲を治す処方という名の通り、打撲や捻挫による腫れや痛みに使用されます。

生薬の構成の特徴と、どのような痛みに用いることができるかを解説します。

なお、処方名としては、最初の「治」には、「じ」ではなく「ぢ」とフリガナをつけるのが正しいので、もし目次でこれを探すときは、タ行のところを見てください。

スポンサーリンク

治打撲一方の配合(構成する生薬)

  • 川芎(センキュウ)
  • 樸樕(ボクソク)
  • 川骨(センコツ)
  • 桂枝(ケイシ)または桂皮(ケイヒ)
  • 丁子/丁字(チョウジ)または丁香(チョウコウ)
  • 大黄(ダイオウ)
  • 甘草(カンゾウ)

中国生まれの方剤には見られない「樸樕・川骨」という日本特有の生薬が含まれており、

その点からも日本で誕生した処方であることは間違いないようです。

樸樕(ボクソク)は、クヌギまたはその近縁の植物の樹皮で、解毒、消炎の効能があると言われています。ツムラの「十味敗毒湯」(じゅうみはいどくとう)にも入っています(他メーカーは桜皮)。

川骨(センコツ)は、日本の沼地や小川に自生する、水生のコウホネというスイレン科の植物の根茎で、止血作用、調経作用などがあると言われています。薬理作用としてはプロスタグランジン生合成阻害作用が考えられます。

治打撲一方の効能・適応症状

打撲や捻挫による痛み、腫れ、内出血、むち打ち症

治打撲一方の効果のポイント

打撲、捻挫による腫れや痛みに使われる

添付文書では、漢方薬の効能又は効果の欄に、使用目標(いわゆる証)が記されている場合、

通常であれば、「体力中等度の人で・・・」とか「比較的体力が充実した人で・・・」といった書き出しが一般的ですが、

治打撲一方の使用目標(=証)を見てみますと、そのような体力に関する使用目標は記載せていません。

つまりこれは、体力にあまり関係なく使えるということで、

しいて言えば、「打撲や捻挫の証」があれば用いることができるわけです。

打撲などが原因で流れの滞った血は「瘀血」

治打撲一方のメイン作用は、
内出血の血腫を取り去ることで痛みを除くこと。

樸樕も川骨も、瘀血を除き、痛みを鎮めるはたらきをしています。

川芎が合わさり、駆瘀血の作用が強まります。血を巡らせて、うっ血を除いて、瘀血による痛みが改善されます。

生薬の構成から考えますと、瘀血を取り去る作用がメインです。

そこに、桂枝(シナモン)・丁子(クローブ)のような温めて気の流れをよくする生薬が配合されています。

清熱にはたらく大黄は少量で、その他に涼血の作用の生薬は入っていません。

よって

打撲したときにすぐに服用しても構いませんが、

急性期(打撲した直後)の赤く腫れているものに対して、熱を冷まして抑えようとする薬ではありません

少し時間が経過したあとの熱感のない、うっ血性(内出血)の痛みの残った状態を解消します。

むち打ちのような、あとから起こってくる痛みや、以前の古傷が疼く場合などにも利用できます。

治打撲一方がその名前のとおり打撲を治療する薬であることが分かりやすいですが、

打撲には症状に応じて、やはり桂枝茯苓丸桃核承気湯通導散のような駆瘀血剤も選択肢にいれて良いでしょう。

治打撲一方に配合される大黄について

大黄が含まれるので、便秘の人じゃないと使えないのでは、と心配されるかもしれません。

しかしこの場合の大黄は、清熱と駆瘀血の目的で配合されていて、配合量は一番少なく、緩和作用のある甘草が大黄よりも多く入っていますので、この方剤での瀉下作用は弱いものと考えられます。

もちろん下痢をしてしまって不快な場合は服用を止めなければいけませんが、

便がしっかりと出ることによって、痛みが改善してくるということもあるかと思います。

先ほど、桂枝茯苓丸などの駆瘀血も選択肢に入ると書きました。ただ桂枝茯苓丸には大黄が入っていませんので、もし打撲に対して桂枝茯苓丸を使っている場合で、便秘傾向があるなら、桂枝茯苓丸にも大黄の入った漢方薬を追加したり変更したりする方がいいかもしれません。

治打撲一方の出典

『一本堂医事説約』で、一般的には江戸時代中期の医師、香川修庵による創案とされています。

ただし「治打撲一方」という名前を付けて世間に広めたのは浅田宗伯の『勿誤薬室方函口訣』と考えられています。

浅田宗伯の処方には、治打撲一方、治頭瘡一方のほかにも、治吐乳一方、治喘一方など、「治○○一方(いっぽう)」という名前のものが、めっぽう多いです。

フリガナの余談

治打撲一方はフリガナを付けるときに困る漢方薬です。

現代の仮名遣いでは、「治」という字の読みは、「ち」または「じ」と書きます。

治癒や治療などは「ち」ですし、主治医や難治は「じ」です。土地(とち)と地震(じしん)と同じように「ぢ」は使わないルールがあります。

「ぢ」と書いても今では「治」には変換できないわけで、

だからネット上には「ぢだぼくいっぽう」「ちだぼくいっぽう」「じだぼくいっぽう」の3通りの書き方が存在しています。

一応、エキス製剤などの製品名においては「ぢだぼくいっぽう」が正解であり、仮名遣いのルールができる以前から存在する、昔ながらの薬であるということが実感できる名前ではあります。

ちなみにもっと苦労するのが「治頭瘡一方」(59番)であり、これにフリガナを付けると正しくは「ぢづそういっぽう」となります。

当然、現代においは「頭」は「ず」であり、「づ」と書いても「頭」には変換できません。

「治」の<ぢ・ち・じ>の3通りに加えて、「頭」の<づ・ず>の2通りがあるので、最大6通りのフリガナが混在している可能性があります。

しかしいずれにしても、ここで知っておいた方が良いことは、

「治」から始まる名前の漢方薬は、読み方は「ji~」だけれども

例えば漢方薬の参考書なりハンドブックなどでその漢方薬を探すときは、目次のページのまずは「た行」から探し始めるべきだということです。「さ行のし」を一生懸命探しても見つけられないかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました