鼻炎などの鼻づまりに「葛根湯加川芎辛夷」

両手で鼻を押さえる女性漢方薬の解説

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい):KTSS

葛根湯加味方のひとつ。

その名のとおり、葛根湯(かっこんとう)に川芎と辛夷を加えたものです

「葛根湯加辛夷川芎」としているメーカーもあります。

主に葛根湯の症状、もしくは鼻の症状(鼻がつまる、鼻水が出るなど)があるときに用いられます。

「芎」の字がシステムによって変換表示されないことがあるので、

ネットで探すときは、「葛根湯加川きゅう辛夷」または「かっこんとうかせんきゅうしんい」で検索した方がたくさんヒットします。

葛根湯加川芎辛夷の出典

『本朝経験方』(日本の経験方)

浅田宗伯の、副鼻腔炎に対する処方として作られた「葛根湯加川芎大黄」が基になり

そして、大塚敬節らが川芎と辛夷を加えて用い、「葛根湯加川芎辛夷」として定着したと考えられています。

葛根湯加川芎辛夷を構成する生薬

  • 葛根(カッコン)
  • 麻黄(マオウ)
  • 桂枝(ケイシ)または桂皮(ケイヒ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 生姜(ショウキョウ)
  • 大棗(タイソウ)
  • 川芎(センキュウ)
  • 辛夷(シンイ)

辛夷は、寒くて詰まった鼻の通りを良くする効果があります。

川芎は、カゼの頭痛に効果があります。

川芎も辛夷も体を温めます。よって「葛根湯加川芎辛夷」の方が、「葛根湯」よりも体を温める強さが増しています。

葛根湯加川芎辛夷の効能・適応症状

自然発汗がないカゼの初期の症状(頭痛、発熱、悪寒など)
頭痛、項背部や肩のこりをともなうカゼで、鼻の症状があるもの
慢性鼻炎、急性または慢性副鼻腔炎、肥厚性鼻炎、鼻づまり、嗅覚異常
副鼻腔炎によって起こる肩こり

注意

上記の症状に応用されることがあるという意味であり、すべての症状が葛根湯加川芎辛夷で治せる、ということではありません。 保険適応外の症状を含みます。

葛根湯加川芎辛夷の使用のポイント

基本的には葛根湯と同じ症状に使うことができます。

川芎には排膿作用があり、辛夷には鼻の通りをよくする作用があります。

鼻炎、副鼻腔炎で、鼻づまり気味の状態に適します。

ベースはやはり葛根湯ですので、使うポイントとしては、

・カゼの初期
・悪寒と発熱
・ 汗なし
・項背部の強ばりがある

そして、川芎と辛夷により特に頭痛と、鼻づまりのひどいときに適します。

鼻水と鼻づまりに効果があるということで、カゼに引き続いて起こる副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、花粉症、または蓄膿症のときの鼻閉感が強い場合にも使われることもあります。

川芎には血行を良くして頭痛を和らげる作用もあるため、副鼻腔炎に伴って起こる頭痛にも対応します。

葛根湯加川芎辛夷の副作用・注意点

葛根湯と同様、虚証の人は使えません。

ひどく胃腸が弱い人、 体力がない人、消耗している人では、食欲がなくなったり、疲れがきたりすることがあります。

麻黄が配合されているので、悪心、胃部不快感、不眠、動悸などの副作用に注意して下さい。

黄~緑色のドロッとした膿性の鼻水が(大量に)でる場合、つまり化膿性炎症が強いときは、桔梗石膏を併用するのが良いとされています。

葛根湯加桔梗石膏、または、葛根湯加川芎辛夷+桔梗石膏です。

鼻閉感はなくて、うすい水っぽい鼻水の場合、 葛根湯加川芎辛夷よりも小青竜湯(しょうせいりゅうとう)の方が適します。

用法用量や使用上の注意は、医師・薬剤師の指示、または添付文書の説明を守ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました