漢方薬の解説

【五積散の解説】~冷えのある腰痛などに使われる漢方薬~

「五積」(=気・血・痰・食・寒などの様々な積滞)に対する方剤。特に水太り体型の高齢婦人の腰痛にはよく用いられます。配合される生薬の数がとても多くて、特徴が分かりにくい漢方薬ですが、基本的には、冷えがある人、冷えると症状が悪化する人に適しています。
中薬学(生薬の効能)

清熱薬(せいねつやく)の概念

漢方の治療原則では「熱なる者はこれを寒す」であり、熱のある者に用いる薬が清熱薬です。よって清熱薬はだいたい寒涼の性質を持っているものが分類されます。使用する際にはその熱がどこのどういう熱なのか、ということを考えながら使用することが大事です。
漢方薬の解説

【六味丸の解説】~補陰(補腎陰)の基本方剤~

別名を六味地黄丸または六味腎気丸。八味地黄丸から桂皮と附子の2つの生薬を除いて作られたもので、構成生薬が6種類(六味)である方剤です。桂皮と附子が配合されている八味地黄丸は「冷え」の症状があるときに適しているのに対して、六味丸は逆に「ほてり」があるときに用いらます。
漢方薬の解説

【排膿散及湯の解説】~化膿している症状に幅広く用いられます~

排膿散及湯とは、二つの方剤、排膿散(はいのうさん)と排膿湯(はいのうとう)が合わさったもの。排膿散・排膿湯、それぞれの特徴をまとめ、それらを合わせたことによる排膿散及湯の効果のポイントについて解説します。
漢方薬の解説

【升麻葛根湯】~葛根湯とは異なりますが、カゼや湿疹に用いられます~

「升麻葛根湯」という名前は一見「葛根湯」に升麻を加えたようなものにも感じられますが、違います。処方の主役が「升麻」と「葛根」の2つの生薬であるということで、麻疹(はしか)にも使用されていた方剤です。
漢方薬の解説

【当帰芍薬散の解説】~冷え症で貧血ぎみ、むくみやすい人に合います~

当帰と芍薬が含まれ「血」の不足を補う作用があり、冷え症で貧血ぎみの女性によく使われています。安産の薬、安胎薬としても知られます。そのため女性用の漢方薬のイメージが強いですが、男性にも用いられますし、非常に適応範囲の広い方剤です。
漢方薬の解説

【五淋散の解説】~膀胱炎のような排尿痛、残尿感などに使われます~

五淋散は泌尿器系の代表的な漢方薬です。市販薬の「ボーコレン」もこの五淋散。「淋」というのは水が滴る(したたる)ことを表していて、尿がポタポタと垂れ落ちる状態を意味します。つまりさまざまな原因による排尿異常を治すための漢方薬であるということです。
傷寒論

『傷寒論』のあらまし 第12条 鼻カゼに桂枝湯(けいしとう)

『傷寒論』第12条 いよいよ「桂枝湯」(けいしとう)が出てきます。 桂枝湯は、『傷寒論』の一番最初に登場する方剤で、このあと桂枝湯を基本にして、生薬が足されたり引かれたりして、様々な方剤に発展していきます。 漢方薬の出発点とも...
傷寒論

『傷寒論』のあらまし 第11条 見かけの熱い冷たいが真実とは限らない

『傷寒論』第11条 太陽病の総論の最後です。 熱があって体がとても熱いのに、本人は寒がっている、 逆に、体がとても冷えているのに、本人は熱がっている。 そんな状況が起こる可能性もあります。 寒邪なのか熱邪なのか。そ...
傷寒論

『傷寒論』のあらまし 第8条~第10条 日にちが経てば自然に治ったりもする

『傷寒論』第8条~第10条 8条から10条までは、太陽病において、特別漢方薬を使わなくても、自然に治癒する状態もあることが挙げらられています。 ただしこの辺りは、漢方理論上の話と、臨床経験上の話との、整合性をとろうしている内容でもあ...
漢方薬の解説

【川芎茶調散の解説】~風邪による頭痛、こめかみの痛みに~

常習性の頭痛にとりあえずの漢方薬頭痛の専門薬というような漢方薬があります。それが川芎茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)でり、とりあえず、「何だか頭が痛い」といえばまずこれ、という感じの漢方薬です。
漢方薬の解説

【参蘇飲の解説】~胃ぐすりを兼ねたカゼ薬と言われる漢方薬~

「胃ぐすりを兼ねたカゼ薬」と言われることもある漢方薬です。胃腸が弱い・元気がない・疲れやすい・食欲がない、などの人の感冒(カゼ)に用いられます。参蘇飲の効果のポイントを、構成生薬の特徴とともに解説します。
冷えに使う漢方薬

温めるだけじゃない!「冷え」に使用する漢方薬の特徴とは

「冷え」の改善は漢方薬の得意分野です。それゆえ冷えの改善に効果がある漢方薬の種類も多く、それぞれどう違うのかが分かりにくいかもしれません。漢方薬による冷えの改善効果は、たんに体を温めるだけではありません。漢方薬の種類毎の温め方の特徴をご紹介します。
漢方薬の解説

【当帰飲子の解説】~乾燥肌の皮膚のかゆみに用いる漢方薬~

乾燥肌に対する「当帰飲子」の効果の解説。乾皮症、皮脂欠乏性湿疹、老人性皮膚掻痒症と言ったりしますが、いずれも皮膚がカサカサとして、粉をふいたように白っぽくなり、痒くなって、乾燥した皮膚がぽろぽろと落ちる、このような状態は漢方的には「血虚」です。
漢方薬の解説

【立効散の解説】~歯が痛いときに使う漢方薬のすぐに効く飲み方~

立効散は主に虫歯の痛み、抜歯後の痛みなど、歯科系の痛みに対して使われている漢方薬。 医療用の立効散は歯医者さんでも処方されます。基本は頓服で使用。ただし、普通に服用してはいけません。立効散に配合される生薬と、効果的な飲み方について解説します。
タイトルとURLをコピーしました