【麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)の解説】~ひどい咳に使われる漢方薬~

麻杏甘石湯の解説漢方薬の解説

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう):MKKS

別名「麻黄杏仁甘草石膏湯」ともいいます。

黄+仁+草+で、「麻杏甘石湯」!

構成している生薬が一文字ずつ名前に入りますので、とっても覚えやすい漢方薬です。

肺熱の咳嗽・呼吸困難に対する基本処方。 激しい咳に対して使われることが多い処方です。

構成的には「麻黄湯」の桂枝の代わりに石膏を入れたものに相当しますが、麻黄湯とは作用の性質はだいぶ異なっています。

スポンサーリンク

麻杏甘石湯を構成する生薬

  • 麻黄(マオウ)
  • 杏仁(キョウニン)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 石膏(セッコウ)

麻杏甘石湯の効能・適応症状

  • 喘息発作、小児喘息、気管支喘息
  • 熱感や口渇をともなう気管支炎、粘稠痰
  • 肺炎、百日咳などの咳の症状のある疾患
  • 咳のかぜ、乳幼児のかぜ
  • 炎症性の皮膚疾患
  • 痔核の腫脹や疼痛(咳をすると痔に響く)、睾丸炎

添付文書上の効能・効果

【ツムラ】【オースギ】他

小児ぜんそく、気管支ぜんそく

【コタロー】

咳嗽はげしく、発作時に頭部に発汗して喘鳴を伴い、咽喉がかわくもの。
気管支炎、気管支喘息。

麻杏甘石湯の作用の解説

麻杏甘石湯= 麻黄+杏仁+甘草+石膏

麻黄湯=麻黄+杏仁+甘草+桂枝

ですので、麻黄湯の桂枝を、石膏に置き換えたものが麻杏甘石湯になります。

しかし一つ置き換えただけでも、性質は大きく異なります。

石膏(せっこう)は鉱物でありまして、成分は含水硫酸カルシウム、熱を冷ます作用がとても強いものです。熱を下げ、炎症を鎮めます。

そして、汗を止める効果と、高熱による口の渇きを和らげる効果があります。粘った痰は溶かします。

この石膏が、麻黄(まおう)の量に対して倍量(またはそれ以上)配合されます。

冷やす作用の石膏によって、麻黄の温めて発汗させる作用が、ほぼ打ち消されます。

結果、麻黄」+「杏仁」による鎮咳・去痰の効果が前面に出てきます。

気管の熱や炎症を鎮めるので、

熱感があり、黄色っぽい切れにくい痰や、激しい咳に対して有効、ということになります。

甘草は調和の作用ですので、この場合、石膏による冷えすぎを抑え、また抗炎症作用を助けます。

基本的には石膏によって冷やす薬なので、冷えているときには使えません。

麻杏甘石湯の使用のポイント

マスクをして咳き込む女性

かなり激しい咳に対して使われることが多い処方です。小児にも利用されます。

喘息発作に対して頓服で使われることがあります。

特別には胃腸を保護したり、体力を補ったりする生薬は配合されませんので、体力が十分にあり、胃腸が丈夫な人向きの漢方薬です。

「麻黄と石膏」の組み合わせは、肺熱を冷やして発汗を止めます。

「麻黄湯」の場合は無汗のときに使用しますが、「麻杏甘石湯」の場合は肺の熱によって汗が出ているときに使用されます。(汗がなくても使えます)

発熱はないが、熱感、発汗・口喝があり、粘っこい痰を伴う咳がある場合によく適します。

のどの痛みや、咳のひどいときには、さらに桑白皮を加えた「五虎湯」が用いられます。 「麻杏甘石」+「桑白皮」で⇒「五虎湯」(ごことう)になります。

まれに痔に対して処方されることがあります。(後述)

麻杏甘石湯の副作用や注意点

マスクをしてバツを出す女性

寒性が強いので冷えのある人、体力のない人には向きません。

高齢者など乾燥体質の人の場合は、滋陰剤が必要であり、単独ではあまり使われません。(気道が乾燥傾向のときは麦門冬湯などが適します)

麻黄による副作用(不眠、動悸、胃部不快感など)に注意して下さい。

麻黄を含むシンプルな構成で、効き目がシャープな漢方薬です。長期の服用では、吐き気などの胃腸障害が起こることがあります。その時は他の漢方薬(二陳湯など)を併用することや、薬の変更などを検討して下さい。

喘息の体質改善のために他の漢方薬も併用される場合は、甘草の重複による副作用にも注意が必要です。

麻黄と石膏の割合

肺の熱の症状に用いる場合、麻黄に対して石膏の割合を、数倍以上多くして配合されます。

医療用の麻杏甘石湯は、麻黄4gに対して石膏10gなので、石膏めっちゃ入ってるじゃん!と思われるかもしれませんが、

石膏は鉱物なので重い生薬です。なので実物の見た目の割合はこんな↓感じです。

麻黄と石膏の配合割合

(左:麻黄4g 右:石膏10g)



麻杏甘石湯の冷やす強さは、麻黄と石膏の配合量のバランスにより決まります。

通常の麻杏甘石湯は、石膏の配合量が多く、熱を冷ます方向に働きます。そのため肺熱による症状に用います。つまり肺や気道の炎症に対して使います。

もし、石膏に対して麻黄の量を増やしてあげると、逆に温める作用となりますので、風寒(ふうかん)の邪気による症状にも応用が可能となります。麻黄を配合する小青竜湯などと併用されることがあります。

痔にも麻杏甘石湯⁉

一般的には、麻杏甘石湯といえば、喘息や気管支炎の薬ですけれど

甘草や石膏のよって炎症や腫れを抑えたりする作用があるため、

「痔核」(いわゆるイボ痔)に使っても効果があると言われています。

(薬局製剤の麻杏甘石湯の適応症には「痔の痛み」の効能が書かれています)

脹れや痛みがひどくて座っているのもきつい場合など、

特に、ひどい咳をすると痔にひびいて痛いというときには一石二鳥的な感じです。

乙字湯などの痔に使う漢方薬を服用中に、麻杏甘石湯が併用されることがあるかもしれません。

麻杏甘石湯の出典

『傷寒論』(3世紀)

発汗後、更に桂枝湯を行うべからず。汗出でて喘し、大熱無き者は、麻黄杏仁甘草石膏湯を与うべし。

太陽病中篇第63条

「麻黄湯」→汗無く喘
「麻杏甘石湯」→汗出でて喘
です。
桂枝湯や麻黄湯を使うような悪寒発熱は無く、汗が出るくらい激しい咳をしているときは麻杏甘石湯を使うべし。

煎じ薬の麻杏甘石湯


 


 


 


 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました