ストレスに使う漢方薬

漢方薬の解説

多方面に応用可能な漢方薬「小柴胡湯」の解説

急性疾患から慢性疾患、ストレス性の症状まで幅広く用いられる小柴胡湯(しょうさいことう)の解説。他の漢方薬ともよく併用されます。少陽病の典型的な症状である往来感熱や胸脇苦満など、使用のポイントや注意点について。
漢方薬の解説

精神的ストレスによる体の不調に「四逆散」(しぎゃくさん)

四逆散は柴胡・枳実・芍薬・甘草の4つの生薬からなる漢方薬。大柴胡湯よりは虚証、小柴胡湯は実証の方に用いられます。精神的ストレスからくる様々な症状に応用されています。
漢方薬の解説

便秘傾向で上腹部が張って苦しいときに「大柴胡湯」

大柴胡湯(だいさいことう)の解説です。作用のポイントや副作用について。ダイエット目的で使われていることもありますが、実証向けの漢方薬ですので注意して使ってください。
漢方薬の解説

ストレスや喉のつかえ感に使われる半夏厚朴湯の解説

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)は気うつを治す理気剤の代表的方剤です。 ストレスなどで乱れた「気」の巡りを正常化する漢方薬のひとつです。自律神経のバランスを調節する薬とも言います。喉に何かがつかえているような感じがあるときのファーストチョイス。性格的には神経質や方、几帳面な方に用いられることが多い半夏厚朴湯の解説。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました