【加味逍遥散(かみしょうようさん)の解説】~更年期障害だけじゃない~

漢方薬の解説

加味逍遥散(かみしょうようさん):KSS

加味逍遥散は、逍遥散(しょうようさん)に牡丹皮(ボタンピ)と山梔子(サンシシ)を加えたもの。

加味逍遥散=逍遥散+牡丹皮・山梔子

それで別名:丹梔逍遥散ともいいます。

加味されている牡丹皮と山梔子は、清熱作用がある生薬です。

よって加味逍遥散は本来は、逍遥散の適応する者で、さらに、熱証のあきらかな場合に用いる漢方薬です。

しかし、逍遥散が医療用エキス製剤にはないために、加味逍遙散の方が一般的になっており、

保険診療においては、逍遥散で良い人にでも、加味逍遙散が処方されている状況にあります。

加味逍遥散の出典

『内科摘要』『女科撮要』『和剤局方』『万病回春』など(諸説あるようです)

逍遥散の出典は『和剤局方』(12世紀)

当帰芍薬散、桂枝茯苓丸と並び、婦人科系の代表的な漢方薬です。

ですが、当帰芍薬散・桂枝茯苓丸が『金匱要略』(3世紀)の方剤であるのに比べ、加味逍遥散は時代的にはずっと後に作られたものです。

加味逍遥散を構成している生薬

  • 柴胡(サイコ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 当帰(トウキ)
  • 白朮(ビャクジュツ)※
  • 茯苓(ブクリョウ)
  • 生姜(ショウキョウ)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 薄荷(ハッカ)
  • 牡丹皮(ボタンピ)
  • 山梔子(サンシシ)

※白朮の代わりに蒼朮(ソウジュツ)を使っているメーカーがあります。

ざっとポイントとなる生薬を見てみますと…

肝鬱に対して「柴胡・芍薬
血虚に対して「当帰・芍薬
脾虚に対して「白朮・茯苓
熱証に対して「牡丹皮・山梔子

柴胡・芍薬・甘草は、精神的ストレスに対して使われる四逆散など共通。

牡丹皮・山梔子は、ほてり、のぼせ、イライラを抑える。

薄荷も配合されており、火照りとともに、抑うつ的気分を発散させる。

当帰・芍薬によって、月経に関する不調をカバー。

また健胃作用のある白朮・茯苓・生姜・甘草で、虚証の人へのフォローもされている。

これらが配合される加味逍遥散の適応範囲も、とても広いものとなってきます。

次のような症状に利用されることがあります。

加味逍遥散の効能・適応症状

  • 更年期障害、またそれによると思われる症状、不定愁訴(頭痛、めまい、のぼせ、肩こり、不眠、発汗、ホットフラッシュ、動悸、食欲不振、倦怠感、ため息・・・)
  • 更年期の軽度の高血圧症
  • 冷えのぼせ、虚弱体質
  • 不満感、うつ、精神不安、イライラし怒りっぽいなどの精神神経症状、蟻走感(皮膚のムズムズ感)
  • 月経不順、月経困難症(生理痛)、月経前の乳房腫痛、月経前症候群、月経前浮腫、不妊症
  • 血の道症、自律神経失調症(めまい、動悸)、緊張による顎関節症
  • 便秘、過敏性腸症候群
  • 肝障害(肝硬変の初期、腹水)
  • 皮膚炎などの皮膚疾患(ストレスで悪化するアトピー性皮膚炎、月経前に増悪するニキビなど)、進行性指掌角皮症
  • 膀胱炎、尿道炎、インポテンス
  • (ストレス性または産後の)口内炎・舌炎、歯茎や鼻からの出血

添付文書上の効能・効果(医療用)

【ツムラ】【クラシエ】他

体質虚弱な婦人で肩がこり、疲れやすく、精神不安などの精神神経症状、ときに便秘の傾向のある次の諸症:
冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症

※血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期などの女性ホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のこと。

【コタロー】

頭痛、頭重、のぼせ、肩こり、けん怠感などがあって食欲減退し、便秘するもの。
神経症、不眠症、更年期障害、月経不順、胃神経症、胃アトニー症、胃下垂症、胃拡張症、便秘症、湿疹。

加味逍遥散の使用のポイント

  • ストレスからくる精神的症状の緩解に用いられることが多い方剤です。

  • 不眠や精神的症状がみられる更年期障害にはファーストチョイスとなっています。

  • 多愁訴、不定愁訴(主訴がその時々で変わる)といわれる心身の様々な症状に広く使われます。

  • 女性の場合、月経周期と関連して起こる症状(特に月経前に症状が表れる)というのもポイントになります。

  • 更年期障害の治療では、ホルモン補充療法(HRT)やプラセンタ注射との併用も可能です。

  • 婦人科における代表的な漢方薬ですが、もちろん男性でも使われます。

  • 清熱薬である牡丹皮・山梔子が配合されるので、怒りっぽい、イライラが激しい、のぼせ、ほてり、口喝など、熱証を抑える効果も期待します。

  • むくみが日頃からある方は、当帰芍薬散などの方が良いかもしれません。

不定愁訴の中には、もしかしたら甲状腺機能低下症・亢進症など何らかの疾患による症状が紛れている可能性もなくはないです。

年齢的にあれもこれも更年期の症状だろうから加味逍遥散でしょう、と考えられてしまいがちですが、必要に応じてきちんと検査を受けることも必要です。

加味逍遥散と言えば、更年期障害や不定愁訴に対しての薬として利用されることが多いですが、

それ以外の使用についても触れておきます。

例えば、ストレスが関係する、過敏性腸症候群について。

過敏性腸症候群の便秘または下痢に「加味逍遙散」

男性は下痢、女性は便秘が多い

過敏性腸症候群に対して、 一般的によく使われているのは、桂枝加芍薬湯」(けいしかしゃくやくとう)です。

「桂枝加芍薬湯」は、もともと胃腸が弱いために、精神的ストレスがあるとすぐに下痢などの症状が現れる場合に適します。

どちらかというと男性に多いと思います。

仕事で緊張やプレッシャーがあると、職場が近づくにつれてトイレのことが気になってきます。

逆に女性は、 ストレスや不規則な生活があったとき、どちらかといえば、便秘になることが多いようです。  

肝脾不和(かんぴふわ)

いずれにしても、 ストレスによって、便秘になったり下痢になったり、

つまりは、便通異常を招いてしまうようなことがありまして、

漢方では「肝脾不和」の状態といいます。

「肝」の機能と、「脾(胃腸)」の機能は、どちらかが低下すると、もう一方に影響して、 どちらともはたらきが悪くなるということがあります。

ストレスに対応する臓である「肝」のはたらきに問題があり、消化器の方に症状が現れます。

もともと胃腸が弱くなくても、精神的ストレスの度合いが大きければ、便通異常は起こり得ます。

便秘にも下痢にも使える漢方薬?

もともと胃腸の弱い人は、やはりすぐに胃腸に症状が現れてしまうわけで、

主にその胃腸症状(腹痛を伴う下痢)の改善を目標に使われるが「桂枝加芍薬湯」です。

ストレスの度合いが強い場合には、胃腸症状だけではなく、 精神的ストレスによる様々な精神神経症状を伴います。

例えば、イライラ、ほてり、のぼせ、ふらつき、うつ、不眠など。

そういうときは、胃腸に効く方剤ではなくて、「肝」に対してはたらく方剤が必要になってきます。

肝気の流れが悪くて、その影響が便通の乱れにつながっているときには、

肝気の流れを改善することによって、便通の症状も改善する方法があります。

このときが例えば加味逍遙散です。

便通の乱れが、便秘なのか、下痢なのか、 というのはこの場合あまり重要ではありません。

便秘の人でも、下痢の人でも、便秘と下痢を繰り返すという人でも適応になるあたりが、西洋薬とは発想の異なるところであります。  

加味逍遥散=更年期障害の薬、というイメージが強いですが それだけではありません。

精神的な問題が根本にあれば、

それに関連して別に現れた症状に対しても使える薬として、

「加味逍遥散」が応用されることの一例です。


東洋医学的な「肝」と「ストレス」の話は、コチラ↓でもより詳しく書いています。

加味逍遥散の副作用・注意点

  • 胃腸の虚弱な人は、食欲不振や下痢、吐き気などの消化器症状の副作用が起こることがあります。(「逍遥散」の方が山梔子を含まないので下痢や吐き気が起こりくいです。)

  • 服用後、交感神経の過緊張が緩和されることで、それまでよりも眠気を感じやすくなることがあります。

  • 牡丹皮・山梔子は熱を冷やす生薬なので、冷えると症状が悪くなるときには、これらが加味されない「逍遥散」の方が適します。

  • 白朮ではなく蒼朮を配合しているメーカーのものがあります。加味逍遙散では蒼朮であってもあまり大きな問題はないかもしれませんが、気になる場合、もし選べるなら白朮の方をお選びください。

  • 長期間の服用が必要なことがあり、特に他の漢方薬と併用する際は、甘草による副作用に注意してください。

  • また長期間の継続服用(数年以上)により、特発性腸間膜静脈硬化症の発症の可能性が指摘されています。念のため長期間継続されている方は、定期的な大腸内視鏡等の検査が勧められます。

  • 牡丹皮は早流産の危険性あるとされている生薬ですので、妊婦中は主治医などの特別の指示がない限り、使用を控えてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました