咳に使われる漢方薬

漢方薬の解説

多方面に応用可能な漢方薬「小柴胡湯」の解説

急性疾患から慢性疾患、ストレス性の症状まで幅広く用いられる小柴胡湯(しょうさいことう)の解説。他の漢方薬ともよく併用されます。少陽病の典型的な症状である往来感熱や胸脇苦満など、使用のポイントや注意点について。
漢方薬の解説

長引く渇いた咳に「麦門冬湯」が効果的な理由

麦門冬湯(ばくもんどうとう)は喉の乾燥を治します。喉の潤いが低下しているときに出る、反射性の激しい咳に効果があります。配合されている生薬の特徴と、効果的な飲み方について解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました