咳に使われる漢方薬

漢方薬の解説

【竹筎温胆湯(ちくじょうんたんとう)の解説】~痰がからんで眠れないときに~

竹筎温胆湯(ちくじょうんたんとう)は 発熱性の感染症、カゼや気管支炎、肺炎などに用いたり、 または、それらの熱が下がったあとも、咳や痰が続き、安眠できないものに用いられる漢方薬です。 特に高齢者や体力の低下している人に使われることが多いです。配合されている生薬とその効果を解説します。
漢方薬の解説

【麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)の解説】~ひどい咳に使われる漢方薬~

麻杏甘石湯は、ひどい咳に対して使われる漢方薬。構成生薬は麻黄湯に似ていますが、桂枝ではなく石膏であるという点で、使用するポイントが大きく異なります。麻杏甘石湯の作用の特徴や、咳止めとして使うときの注意点、麻黄湯との違いについて解説。実は痔にも使われる。煎じ薬の通販もあります。
漢方薬の解説

【小柴胡湯(しょうさいことう)の解説】~漢方的に詳しく分かりやすく解説します~

急性疾患から慢性疾患、ストレス性の症状まで幅広く用いられる小柴胡湯(しょうさいことう)の解説。他の漢方薬ともよく併用されます。少陽病の典型的な症状である往来感熱や胸脇苦満など、使用のポイントや注意点について。
漢方薬の解説

【麦門冬湯(ばくもんどうとう)の解説】~長引く渇いた咳に効果的な理由~

麦門冬湯(ばくもんどうとう)は喉の乾燥を治します。喉の潤いが低下しているときに出る、反射性の激しい咳に効果があります。配合されている生薬の特徴と、効果的な飲み方について解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました