【参蘇飲(じんそいん)の解説】~胃腸虚弱な人のカゼに用いられる漢方薬~

漢方薬の解説

参蘇飲(じんそいん):JSI

「胃ぐすりを兼ねたカゼ薬」と言われることもある「参蘇飲」(じんそいん)です。

気虚の湿痰に対する方剤。

「参蘇飲」の名前の「」は人参(ニンジン)のことで、「」は蘇葉(ソヨウ)のこと。

人参は脾胃のはたらきを補って気虚を改善させる生薬であり、

蘇葉は、気を巡らして、胃腸の蠕動を強め、悪心・膨満感を解消するとともに、発汗・解熱など、感冒初期の症状を改善します。

参+蘇の2つの生薬が、「参蘇飲」の効能の特徴をよく表しています。

スポンサーリンク

参蘇飲の出典

和剤局方(12世紀)

参蘇飲を構成する生薬

  • 蘇葉(ソヨウ)
  • 葛根(カッコン)
  • 半夏(ハンゲ)
  • 茯苓(ブクリョウ)
  • 人参(ニンジン)
  • 前胡(ゼンコ)
  • 木香(モッコウ)
  • 陳皮(チンピ)
  • 桔梗(キキョウ)
  • 枳実(キジツ)または枳穀(キコク)
  • 生姜(ショウキョウ)
  • 大棗(タイソウ)
  • 甘草(カンゾウ)

※木香が入らないメーカーのものもあります。

構成生薬の解説

構成生薬の種類が多いので、2段に分けて整理します。

人参・茯苓・甘草・半夏・生姜・大棗・陳皮

そして

葛根・蘇葉・桔梗・枳実・木香・前胡

まず、上段の生薬について。

これら[人参・茯苓・甘草・半夏・生姜・大棗・陳皮]の生薬に、あと白朮という生薬を加えると、六君子湯(りっくんしとう)になります。

「六君子湯」は、胃腸が弱い、食欲がない、疲れやすい、慢性胃炎などにファーストチョイスで使われることの多い処方です。

「参蘇飲」には、この「六君子湯」の要素が含まれていることになります。

逆に、参蘇飲に六君子湯の要素を含ませておきながら、白朮を配合していないワケですが…

基本的に風邪(感冒)のときや炎症や痰、膿などのあるような症状、邪気を追い出したいときに用いられる漢方薬には、白朮を配合しません。

詳しくは⇒白朮(びゃくじゅつ)の「利水作用」の解説

次に、その他の生薬[葛根・蘇葉・桔梗・枳実・木香・前胡]について、

おおまかに書きますと

  • 葛根⇒項背部のこりや頭痛
  • 桔梗・前胡・半夏⇒咳や痰
  • 枳実・木香は⇒腹部膨満感など
  • 蘇葉⇒気分の落ち込みなど

を改善します。

葛根が含まれますが、もともと胃腸虚弱の人(脾気虚)向きの処方であり、

桂枝や麻黄は配合しておらず、葛根湯(かっこんとう)のような強い発汗作用はありません。

風邪薬としては穏やかな作用。逆に言えば、カゼ一般に使いやすい処方であります。

参蘇飲の作用は比較的マイルドなので、

高齢者、幼児、胃腸虚弱の人の、咳や痰を伴うカゼ(感冒)に有効です。

西洋薬の感冒薬で、胃を悪くしやすい人には良いかもしれません。

スポンサーリンク

参蘇飲の適応症状

胃腸が弱い・元気がない・疲れやすい・食欲がない、などの人の感冒、カゼ症状(咳嗽、痰、鼻水、鼻閉)

例えば…
上気道炎、気管支炎、気管支喘息
不安感・うつ傾向などを伴うカゼ
長引いているカゼ
夏バテなどで体力が低下したときのカゼ
小児や高齢者、妊婦さんのカゼ

添付文書上の効能効果

【ツムラ】他

感冒、カゼ

参蘇飲のポイント

参蘇飲のポイントをまとめます。

主にカゼ症状に使われますが、「六君子湯」(りっくんしとう)から白朮(ビャクジュツ)を除いたものが含まれていることから、胃腸虚弱な人向きの方剤となっています。

蘇葉・枳実・陳皮(・木香)などの理気薬により、気の流れも改善します。

悪心、嘔吐、腹部膨満感、腹痛、下痢、食欲不振、胃腸炎など、慢性的な胃腸の不調に対して(胃薬として)も使われることがあります。

比較的、長期間の服用も大丈夫ですが、効き目が穏やかなので、

高熱や悪寒、身体痛の症状が強く、症状の改善がないときは、ダラダラと服用を続けるのではなく、専門家にご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました