【川芎茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)の解説】~風邪による頭痛、こめかみの痛みに~

漢方薬の解説

常習性の頭痛にとりあえずの漢方薬

頭痛の専門薬のような漢方薬があります。

それが川芎茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)であり、

とりあえず、「何だか頭が痛い」といえばまずこれ、という感じの漢方薬です。

頭が痛くなるのは、片頭痛とか、緊張型頭痛とか、はっきりした診断ができるような頭痛だけではなくて、

例えば、疲れたとき・風邪っぽい・寝不足・仕事で嫌なことがある、生理中、その他

ストレス等のいわゆる「頭痛のたね」のようなものがあったときにも、こめかみや頭部がズキンズキンと痛くなることがあります。

そのような日常的な頭痛に、頓服でも使用できる漢方薬として、「川芎茶調散」です。

川芎とお茶で調えるという意味の名前です。

スポンサーリンク

川芎茶調散の構成生薬

川芎茶調散には9つの生薬が配合されます。

  • 川芎(センキュウ)
  • 荊芥(ケイガイ)
  • 防風(ボウフウ)
  • 薄荷(ハッカ)
  • 香附子(コウブシ)
  • 白芷(ビャクシ)
  • 羌活(キョウカツ)
  • 茶葉(チャヨウ)/細茶(サイチャ)
  • 甘草(カンゾウ)

様々な原因の頭痛に効果があるとされる川芎(せんきゅう)を主薬としているだけでなく、

ほとんどの生薬が、頭痛に効果のあるもので構成されています。

前頭部・側頭部・後頭部・頭頂部の頭痛に有効な生薬がそれぞれ含まれて、

頭痛全般をカバーしているといえます。

また痛みにだけではありません。

荊芥・防風・薄荷・白芷・羌活は、解表薬(風邪を追い出す薬)です。

川芎・薄荷・香附子などは、血や気を巡らせます。

香附子は、女性の気うつの頭痛に効果があります。

茶葉は、頭をスッキリさせます。

そのため川芎茶調散は、カゼ(感冒)のときの頭痛、そして、日常的に、カゼのときの頭痛のような痛みが起きるときに応用されています。

茶葉は、細茶と表記されるものもありますが、同じものです。
ツバキ科 Thea sinensis (Camellia sinensis) の葉。いわゆる緑茶のこと。カフェインも含まれます。
医療用エキス製剤で茶葉が用いられるのは、この川芎茶調散のみです。

川芎茶調散の効能効果

添付文書上の効能・効果

【ツムラ】【オースギ】

かぜ、血の道症、頭痛

元々は、風寒(ふうかん)のカゼ(感冒時)で、頭痛がするときに使われる方剤です。(風寒の頭痛)

悪寒、発熱、鼻づまり、首や背中の強ばり等があって

風邪によって頭痛が起きている状態に使います。

通常はカゼが治れば痛みも治まってきます。

女性では月経に関連して起こる頭痛にも用いられます。

風寒と風熱

風寒(ふうかん)のカゼと、風熱(ふうねつ)のカゼがあるように、

川芎茶調散は、カゼの頭痛に使われることになっていますが、通常は風寒頭痛に対して使われます。

もし、発熱して、顔が赤い、のどは炎症があって痛い、尿の黄色が濃い、などであれば、

風熱に対する薬が必要になります。

医療用にはありませんが、「銀翹散」(ぎんぎょうさん)などの方が適します。

副作用や注意点

香り(芳香)の強い生薬がたくさん配合されているので、お湯に溶かした場合、人によっては少し飲みづらく感じるかもしれません。(ただ、風寒のカゼの際には、温服が望ましいです)

頓服でも使用されますし、継続的に処方されることもあります。連用されるときは甘草による副作用に注意してください。

胃腸の弱い方は、食欲不振や胃部不快感など起こるおそれがありますので、慎重に使用されてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました