皮膚の症状に使う漢方薬

漢方薬の解説

【当帰飲子(とうきいんし)の解説】~乾燥肌の皮膚のかゆみに用いる漢方薬~

乾燥肌に対する「当帰飲子」の効果の解説。乾皮症、皮脂欠乏性湿疹、老人性皮膚掻痒症と言ったりしますが、いずれも皮膚がカサカサとして、粉をふいたように白っぽくなり、痒くなって、乾燥した皮膚がぽろぽろと落ちる、このような状態は漢方的には「血虚」です。
漢方薬の解説

【麻杏薏甘湯(まきょうよくかんとう)の解説】~筋肉痛や関節痛などに用いられる漢方薬~

麻杏薏甘湯は、関節痛や筋肉痛、しびれの漢方薬として知られますが、特に「湿邪」が原因で起こる痛みに用いられます。生薬の構成と効果のポイント、副作用や注意点について解説します。
漢方薬の解説

【三物黄芩湯(さんもつおうごんとう)の解説】~手足のほてりに用いられる漢方薬~

手足の不快な火照り、手足がほてって眠れないなどの症状によく用いられる漢方薬。その他、イライラ、湿疹、痒みなどにも。もともとは産後に使用されていた薬、三物黄芩湯の効果や注意点について解説します。
漢方薬の解説

【十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)の解説】~皮膚の症状のための日本生まれの漢方薬~

華岡青洲(はなおかせいしゅう)が創ったとされる日本生まれの漢方薬。皮膚のできもの、腫れ物など、主に皮膚科領域の疾患に用いられています。特に脂漏性湿疹に対しては漢方薬のファーストチョイス。十味敗毒湯の効果の特徴や注意点について。
漢方薬の解説

【桂麻各半湯(けいまかくはんとう)の解説】~実は葛根湯とも似ています~

桂麻各半湯(けいまかくはんとう) は桂枝湯(けいしとう)と麻黄湯(まおうとう)を合わせた処方です。 が、生薬の配合をみれば葛根湯(かっこんとう)ともよく似ています。桂麻各半湯の効果と副作用について。また葛根湯との違いを解説します。
漢方薬の解説

【黄連解毒湯(おうれんげどくとう)の解】~炎症やイライラを鎮静化する漢方薬~

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)は強い清熱作用を持ちます。清熱薬として、おもに炎症症状(皮膚炎、口内炎、急性胃炎、充血、出血症状など)はもちろん、脳の充血、自律神経系の興奮が亢進している状態も鎮静化、その他に不眠や二日酔いにも。使用のポイントや注意点について解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました