漢方薬の解説

漢方薬の解説

【茵蔯蒿湯の解説】~「湿熱」があるときの漢方薬~

もともとは肝胆の湿熱による黄疸を治す薬として使われていた漢方薬です。ですが、黄疸がなくても、肝胆または脾胃の「湿熱」を取り去る代表的方剤として広く応用されます。茵蔯蒿湯と湿熱について、茵蔯五苓散との違いについて、使用のポイントを分かりやすく解説します。
漢方薬の解説

【麻黄附子細辛湯の解説】~冷えや寒気を感じるカゼや痛みに~

配合されている麻黄・附子・細辛の3種類の生薬名がそのまま名前になっている漢方薬。高齢者の感冒の他、さまざまな症状に用いられますが、基本的には、体力が弱くて冷えの強い人、または冷えを伴う症状、に用いられます。麻黄附子細辛湯に配合されている生薬について、また使用時のポイントや注意点について解説します。
漢方薬の解説

【疎経活血湯の解説】~疎経と活血で痛みを止める~

「疎経活血湯」(そけいかっけつとう)は、17種類もの生薬が配合されている方剤です。 主には痛みやしびれに使われる漢方薬です。 一般的には、腰から下肢にかけての痛みに、となっていますが、 手足のしびれ、肩関節も含め・腰・膝など上半身でも下半身でも対象になり得ます。配合される生薬と、作用の特徴について解説します。
漢方薬の解説

【十全大補湯の解説】~気と血を両方補う漢方薬~

三大補剤(補中益気湯・十全大補湯・人参養栄湯)のひとつ。十全大補湯は、気虚と血虚をともに改善したいときの漢方薬で、体力が著しく消耗している状態のときに使います。十全大補湯の効果や副作用、使用のポイントについて。
痛みに使う漢方薬

肩こりや緊張型頭痛に「葛根湯」は効くけれど、注意も必要です

葛根湯は、代表的なカゼの漢方薬ですが、 肩こりや頭痛に使える漢方薬としてもよく知られています。 しかし葛根湯は体質改善の漢方薬ではありません。葛根湯の肩こりや頭痛に対する効果、使用時の注意点を解説、また独活葛根湯についても。
漢方薬の解説

【 治打撲一方の解説】~打撲や捻挫に効く漢方薬の効果とは~

治打撲一方は、日本で作られた漢方薬。打撲を治す処方という名の通り、打撲や捻挫による腫れや痛みに使用されます。生薬の構成の特徴と、どのような痛みに用いることができるかを解説します。
漢方薬の解説

【藿香正気散(かっこうしょうきさん)の解説】~梅雨や夏のカゼ、お腹のカゼに適する理由~

梅雨から夏に使用機会が増える方剤のひとつが藿香正気散(かっこうしょうきさん)です。夏のカゼ、お腹のカゼ、クーラーが効きすぎている部屋で過ごして具合が悪くなったり朝起きたら寝冷えによって腹痛や下痢したり・・・夏の消化器症状を伴うカゼなどに藿香正気散がよく適している理由を、配合されている生薬の特徴とともに解説します。
漢方薬の解説

【通導散の解説】~瘀血と気滞と便秘に~

駆瘀血剤として「瘀血」があり「便秘」しているときに使われる漢方薬。もともとは外傷後の治療のために考えられたものです。しかし現代では外傷に限らず、瘀血による症状、婦人科疾患や月経に関連する症状に広く応用されます。通導散の効能効果、副作用、注意点など、またその他の駆瘀血剤との違いを説明します。
漢方薬の解説

【大黄牡丹皮湯の解説】~昔は虫垂炎の薬。では今は?~

大黄牡丹皮湯の解説です。虫垂炎の薬として使う機会はほとんどないかもしれませんが、桂枝茯苓丸、桃核承気湯と並ぶ、駆瘀血剤のひとつとしての、使い分けや注意点についてまとめています。
漢方薬の解説

【桃核承気湯の解説】~便秘を伴った、月経に関連した症状に~

「○○承気湯」と名の付く漢方薬のひとつ「桃核承気湯」。構成生薬とその作用を説明し、便秘を伴う症状や月経に関連した症状に使われる理由、他の駆瘀血剤である桂枝茯苓丸などとの違いについても解説します。
漢方薬の解説

【小建中湯の解説】

建中湯類のひとつ。小児用の薬というわけではありませんので、症状が合えば成人や高齢者でも適しますが、ただ小児の体質改善には非常によく使われている方剤です。
漢方薬の解説

【麻子仁丸の解説】~コロコロ便に用いられる漢方薬~

麻子仁丸は、下剤の作用にプラス、腸内の乾燥を潤すことで、便通を改善させる効果をもつ漢方薬です。高齢者や胃腸虚弱な方の、弛緩性便秘、常習便秘に用いられます。センノシド製剤で効果がないときにも処方されることがあります。麻子仁丸に配合される生薬と、その効果、注意点について解説します。
漢方薬の解説

【芎帰膠艾湯の解説】~不正出血を止める漢方薬~

構成生薬のうち、川芎・当帰・阿膠・艾葉の4つの生薬から一文字ずつとって「芎帰膠艾湯」。基本的には「止血薬」です。女性の不正出血や、月経過多などに使われることが多い漢方薬です。配合されている生薬とその効果についてまとめ、そして芎帰膠艾湯の効果と注意点を解説します。
漢方薬の解説

【二朮湯の解説】~なぜ肩こりではなく五十肩の薬なのか?~

なぜ「二朮湯」の適応が五十肩なのか?効能書きはシンプルに書かれていますが、構成している生薬は少し多くて複雑です。「朮」が2つとも使用されているのが特徴です。大事な点は「湿」の存在。二朮湯が五十肩の薬として使える理由を解説します。
漢方薬の解説

【十味敗毒湯の解説】~皮膚の症状のための日本生まれの漢方薬~

華岡青洲(はなおかせいしゅう)が創ったとされる日本生まれの漢方薬。皮膚のできもの、腫れ物など、主に皮膚科領域の疾患に用いられています。特に脂漏性湿疹に対しては漢方薬のファーストチョイス。十味敗毒湯の効果の特徴や注意点について。
タイトルとURLをコピーしました