不眠

漢方薬の解説

【釣藤散(ちょうとうさん)の解説】~慢性化した頭痛、頭重、めまいの漢方薬~

釣藤散(ちょうとうさん)は、慢性的に肩こり・めまい・耳鳴り・頭痛・頭重感がある人、特に、胃腸が弱ってきていて、高血圧や動脈硬化症の傾向のある、中高年くらいの方に多く用いられる漢方薬。生薬の構成、釣藤散の効能のポイントを解説します。
漢方薬の解説

【竹筎温胆湯(ちくじょうんたんとう)の解説】~痰がからんで眠れないときに~

竹筎温胆湯(ちくじょうんたんとう)は 発熱性の感染症、カゼや気管支炎、肺炎などに用いたり、 または、それらの熱が下がったあとも、咳や痰が続き、安眠できないものに用いられる漢方薬です。 特に高齢者や体力の低下している人に使われることが多いです。配合されている生薬とその効果を解説します。
漢方薬の解説

【三物黄芩湯(さんもつおうごんとう)の解説】~手足のほてりに用いられる漢方薬~

手足の不快な火照り、手足がほてって眠れないなどの症状によく用いられる漢方薬。その他、イライラ、湿疹、痒みなどにも。もともとは産後に使用されていた薬、三物黄芩湯の効果や注意点について解説します。
漢方薬の解説

【柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)の解説】~冷えのある虚証向きの柴胡剤~

「小柴胡湯」と同じく柴胡剤のグループに入ります。柴胡剤の中では虚証の傾向がある方に用いられることが多い漢方薬です。名前は似ていますが「柴胡桂枝湯に乾姜を加えたもの」ではありません。柴胡桂枝乾姜湯が使われるポイントを解説します。
漢方薬の解説

【人参養栄湯(にんじんようえいとう)の解説】~十全大補湯との違いとは~

人参養栄湯(にんじんようえいとう)は、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)ととても似ている漢方薬です。人参養栄湯は、気虚+血虚+冷え(虚寒)がある「十全大補湯」の適する症状で、さらに痰や咳などの呼吸器の症状または、不眠・不安などの精神的な症状が伴ってみられるときに用いられます
漢方薬の解説

【抑肝散(よくかんさん)の解説】~たかぶった「肝」を抑える漢方薬~

認知症の薬というイメージがあるかもしれませんが、もともとは小児のための方剤です。夜泣き、疳(かん)の虫、チック、ひきつけなど、情緒が不安定な状態にある子供に対して、または、そんな子供への不安やイライラで育児ストレスを抱える母親に対して用いられてきたものです。
漢方薬の解説

【三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)の解説】~頭に血がのぼってしまう人の漢方薬~

三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)は実熱に対する基本処方のひとつ。顔面が紅潮する、目が血走る、鼻血が出やすい、頭に血がのぼる、カッカする、興奮が抑えられない、眠れない等のある人に向いています。黄連解毒湯とも似ていますのでそれらの使い分けや、使用時の注意点、副作用について解説します。
漢方薬の解説

【酸棗仁湯(さんそうにんとう)の解説】~睡眠薬とは効能の違う漢方薬~

酸棗仁湯(さんそうにんとう)は、主に不眠症に用いられる漢方薬。ですが、睡眠導入剤のように、不眠時にだけ使うというような薬ではありません。酸棗仁湯の成分や、効果的な正しい使い方と注意点について解説します。
漢方薬の解説

【黄連解毒湯(おうれんげどくとう)の解】~炎症やイライラを鎮静化する漢方薬~

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)は強い清熱作用を持ちます。清熱薬として、おもに炎症症状(皮膚炎、口内炎、急性胃炎、充血、出血症状など)はもちろん、脳の充血、自律神経系の興奮が亢進している状態も鎮静化、その他に不眠や二日酔いにも。使用のポイントや注意点について解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました