便秘に使う漢方薬

漢方薬の解説

調胃承気湯と大承気湯のあいだくらいに「小承気湯」

承気湯類のひとつです。医療用エキス製剤にはありませんが、大承気湯はもちろん、麻子仁丸(ましにんがん)などは、この小承気湯がベースになっています。便秘や腹部の膨満感に用いられる小承気湯。作用のポイントや副作用について解説します。
漢方薬の解説

便秘傾向で上腹部が張って苦しいときに「大柴胡湯」

大柴胡湯(だいさいことう)の解説です。作用のポイントや副作用について。ダイエット目的で使われていることもありますが、実証向けの漢方薬ですので注意して使ってください。
漢方薬の解説

便を軟らかくして出す便秘薬「調胃承気湯」

調胃承気湯(ちょういじょうきとう)の解説。大黄甘草湯よりも便を軟らかくする効果を増して便を出しやすくした処方です。便秘の漢方と言えば「大黄甘草湯」がメジャーですが、穏やかな作用を求める場合は調胃承気湯の方が適します。
漢方薬の解説

大黄甘草湯が効かない便秘への切り札「大承気湯」

大承気湯(だいじょうきとう)は、便秘に使う漢方薬の中ではかなり強力な部類に入ります。便が硬く、つかえていてお腹が張るような便秘に使いますが、他の便秘薬とは異なる注意点もあります。大承気湯の効果の特徴について解説します。
漢方薬の解説

便秘に用いる漢方薬の基本処方「大黄甘草湯」

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)は市販薬も含め、一般的に広く利用されている漢方の便秘薬(瀉下薬)です。単純な下剤とは異なり、漢方で「瀉下」という作用は「便を排出する」ことだけではありません。大黄甘草湯が適する人とは。服用方法、効果や副作用、使用時の注意点を分かりやすく解説します。
漢方薬の解説

頑固な便秘こそ漢方薬で解消を。「潤腸湯」の解説

潤腸湯(じゅんちょうとう)は便がとても硬いコロコロの便で、硬くて出ないといった便秘に用いられます。 便が乾燥しているだけでなく全身状態をみても体液(潤い)が不足しているような特に高齢者に多い頑固な便秘です。 潤腸湯に配合される生薬と、効果の特徴、注意点について解説します。
漢方薬の解説

三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)の解説

三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)は実熱に対する基本処方のひとつ。顔面が紅潮する、目が血走る、鼻血が出やすい、頭に血がのぼる、カッカする、興奮が抑えられない、眠れない等のある人に向いています。黄連解毒湯とも似ていますのでそれらの使い分けや、使用時の注意点、副作用について解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました