甘草

漢方薬の解説

【排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)の解説】~化膿を伴う症状に広く用いられる漢方薬~

排膿散及湯とは、二つの方剤、排膿散(はいのうさん)と排膿湯(はいのうとう)が合わさったもの。排膿散・排膿湯、それぞれの特徴をまとめ、それらを合わせたことによる排膿散及湯の効果のポイントについて解説します。
漢方薬の解説

【升麻葛根湯(しょうまかっこんとう)の解説~カゼや湿疹に用いられる漢方薬~

「升麻葛根湯」という名前は一見「葛根湯」に升麻を加えたようなものにも感じられますが、違います。処方の主役が「升麻」と「葛根」の2つの生薬であるということで、麻疹(はしか)にも使用されていた方剤です。
漢方薬の解説

【五淋散(ごりんさん)の解説】~排尿痛や残尿感など、泌尿器系の漢方薬~

五淋散は泌尿器系の代表的な漢方薬です。市販薬の「ボーコレン」もこの五淋散。「淋」というのは水が滴る(したたる)ことを表していて、尿がポタポタと垂れ落ちる状態を意味します。つまりさまざまな原因による排尿異常を治すための漢方薬であるということです。
漢方薬の解説

【立効散(りっこうさん)の解説】~歯が痛いときは110番⁉~

立効散は主に虫歯の痛み、抜歯後の痛みなど、歯科系の痛みに対して使われている漢方薬。 医療用の立効散は歯医者さんでも処方されます。基本は頓服で使用。ただし、普通に服用してはいけません。立効散に配合される生薬と、効果的な飲み方について解説します。
漢方薬の解説

【麻杏薏甘湯(まきょうよくかんとう)の解説】~筋肉痛や関節痛などに用いられる漢方薬~

麻杏薏甘湯は、関節痛や筋肉痛、しびれの漢方薬として知られますが、特に「湿邪」が原因で起こる痛みに用いられます。生薬の構成と効果のポイント、副作用や注意点について解説します。
漢方薬の解説

【桂芍知母湯(けいしゃくちもとう)の解説 】~患部に発赤や熱感がある関節痛の漢方薬~

関節痛や関節リウマチに用いられている漢方薬。清熱作用のある知母(ちも)が配合されていおり、患部に熱をもっているときにも適します。しかし、麻黄・附子・甘草など少し注意が必要な生薬も含まれています。桂芍知母湯の生薬構成のポイントや副作用などの注意点について解説します。
生薬の話

甘草の副作用である偽アルドステロン症、1日摂取量の上限について

漢方薬の副作用として、甘草による偽アルドステロン症がよく知られています。甘草は非常に多くの漢方薬に配合されており、漢方薬の使い方によっては過剰に摂取してしまう可能性があります。副作用の起こりやすい摂取量、また甘草を含む漢方薬の使用時に気をつけておくことについて。
漢方薬の解説

【麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)の解説】~ひどい咳に使われる漢方薬~

麻杏甘石湯は、ひどい咳に対して使われる漢方薬。構成生薬は麻黄湯に似ていますが、桂枝ではなく石膏であるという点で、使用するポイントが大きく異なります。麻杏甘石湯の作用の特徴や、咳止めとして使うときの注意点、麻黄湯との違いについて解説。実は痔にも使われる。煎じ薬の通販もあります。
漢方薬の解説

【乙字湯(おつじとう)の解説】~切れ痔やイボ痔の漢方薬~

江戸時代の日本で、脱肛・痔核に対してつくられた処方です。症状の激しくない、軽度な痔に広く用いられています。「乙字湯」のキレ痔、イボ痔に対する効果について、特徴や副作用など注意点とともに解説します。
漢方薬の解説

【大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)の解説】~便秘に用いる漢方薬の基本処方~

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)は市販薬も含め、一般的に広く利用されている漢方の便秘薬(瀉下薬)です。単純な下剤とは異なり、漢方で「瀉下」という作用は「便を排出する」ことだけではありません。大黄甘草湯が適する人とは。服用方法、効果や副作用、使用時の注意点を分かりやすく解説します。
漢方薬の解説

【苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)の解説】~ふくろう体質に用いられる漢方薬~

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)は、動悸や、めまい、ふらつき、立ちくらみが主症状という場合にファーストチョイスとなる漢方薬。メニエールにも使われます。その効果のポイントについて。また苓桂朮甘湯が著効すると言われるふくろう型体質とは。
漢方薬の解説

【芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)の解説】

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)は、こむら返り、急に足がつる時の漢方薬として有名ですが、基本的には足に限らずどこの筋肉(骨格筋や内臓平滑筋)にでも用いることができます。ただし、服用方法については気をつけていただきたいこともあります。
生薬の話

【まとめ】「甘草(かんぞう)」を含む漢方薬と含まない漢方薬

甘草を含む漢方薬と含まない漢方薬に何か違いは? 甘草は漢方処方の7割に配合されていますが、では配合されていない漢方薬もあるのはなぜか。甘草の効果を考えてみれば、甘草が配合されているかどうかの予測ができてきます。甘草の配合されている漢方薬と配合されていない漢方薬の特徴を整理して解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました