東洋医学・中医理論の話

中薬学(生薬の効能)

【清熱燥湿薬】~黄芩・黄連・黄柏・竜胆・苦参~

2-(2)  清熱燥湿薬(せいねつそうしつやく) 清熱燥湿薬の多くは、寒・苦の性味をもちます。(実際にとても苦い生薬ばかり) 寒は熱を抑える(清する)あるいは火邪を抑える(瀉する)、苦は湿を抑える(燥する)という性質を示しています。 ...
中薬学(生薬の効能)

【辛涼解表薬】~薄荷・牛蒡子・桑葉・菊花・淡豆豉・葛根・柴胡・升麻~

1-(2)  辛涼解表薬(しんりょうげひょうやく) 辛涼解表薬は、解表薬のなかで、主に外感病の風熱の表証(感冒で発熱、悪風、のどの乾きなど)に用いられる生薬です。 辛涼の性味をもつものが多く、風熱を発散(疏散)させるという共通の作用...
中薬学(生薬の効能)

【辛温解表薬】~麻黄・桂枝・蘇葉・荊芥・防風・辛夷・蒼耳子・生姜・香薷・羌活・藁本・白芷~

1-(1) 辛温解表薬(しんおんげひょうやく) 辛温解表薬は、解表薬げひょうやくのうち、主に外感風寒表証がいかんふうかんひょうしょうに用いる生薬です。 (解表とは、体の表にある邪気を発汗によって追い出し、表証ひょうしょうを改善するこ...
中薬学(生薬の効能)

解表薬(げひょうやく)の概念

1.解表薬とは 表邪ひょうじゃを発汗によって体外へ発散させる薬のことを解表薬げひょうやくといいます。 表邪とは、病邪が身体の表部にあるものです。 病気が進行すると、病邪はしだいに内臓などの深いところに入っていきますが、まだそこまで...
中薬学(生薬の効能)

【清熱瀉火薬】~石膏・知母・山梔子・竹葉・天花粉・芦根・夏枯草~

2-(1)  清熱瀉火薬(せいねつしゃかやく) 清熱薬せいねつやくは、おもに裏熱りねつの治療にもちいる生薬です。 このうち清熱瀉火薬せいねつしゃかやくとは、身体を構成する物質を気・血・津液とすれば、「気」分に入った熱を清せいする生薬...
東洋医学・中医理論の話

【痰飲とは】~痰飲と関係の深い臓腑と症状~

痰飲とは、「人体の水が関わる代謝になんらかの異常があり、水(津液)が停滞している状態」をあらわします。病理的な産物のことです。痰と飲と湿、水毒の違い、痰飲の形成と関連する臓腑、痰飲による症状についてまとめます。
中薬学(生薬の効能)

清熱薬(せいねつやく)の概念

漢方の治療原則では「熱なる者はこれを寒す」であり、熱のある者に用いる薬が清熱薬です。よって清熱薬はだいたい寒涼の性質を持っているものが分類されます。使用する際にはその熱がどこのどういう熱なのか、ということを考えながら使用することが大事です。
傷寒論

『傷寒論』のあらまし 第12条 鼻カゼに桂枝湯(けいしとう)

『傷寒論』第12条 いよいよ「桂枝湯」(けいしとう)が出てきます。 桂枝湯は、『傷寒論』の一番最初に登場する方剤で、このあと桂枝湯を基本にして、生薬が足されたり引かれたりして、様々な方剤に発展していきます。 漢方薬の出発点とも...
傷寒論

『傷寒論』のあらまし 第11条 見かけの熱い冷たいが真実とは限らない

『傷寒論』第11条 太陽病の総論の最後です。 熱があって体がとても熱いのに、本人は寒がっている、 逆に、体がとても冷えているのに、本人は熱がっている。 そんな状況が起こる可能性もあります。 寒邪なのか熱邪なのか。そ...
傷寒論

『傷寒論』のあらまし 第8条~第10条 日にちが経てば自然に治ったりもする

『傷寒論』第8条~第10条 8条から10条までは、太陽病において、特別漢方薬を使わなくても、自然に治癒する状態もあることが挙げらられています。 ただしこの辺りは、漢方理論上の話と、臨床経験上の話との、整合性をとろうしている内容でもあ...
傷寒論

『傷寒論』のあらまし 第7条 熱が出るとき出ないとき(陽病と陰病)

『傷寒論』第7条 第7条は、発熱のある時とない時で、病邪の位置がどこから始めるのか、について。 ご存知の通り、カゼのときに熱が出るのは、自身の免疫力を高めるためと、熱によってウイルスを弱らせるためで、いわゆる自己防衛反応のひとつです...
傷寒論

『傷寒論』のあらまし 第6条 温病(うんびょう)は傷寒とは違うものです

『傷寒論』第6条 第2条で、太陽病の中風、 第3条で、太陽病の傷寒、がありました。 そして、太陽病にはもう一つ、温病があります。 傷寒であれば、風寒のような寒の性質の邪による病です。 対して温病であれば、風熱のよう...
臓腑の話

東洋医学における「肺」のはたらき【宣発と粛降】

東洋医学的な「肺」のはたらきについては「宣発」と「粛降」を知ることがもっとも基本です。宣発(せんぱつ)とは上へまたは外へ動かす作用、粛降(しゅくこう)とは下へまたは内へ動かす作用のことです。宣発と粛降がうまくバランスがとれている、というのが正常な状態です。
傷寒論

『傷寒論』のあらまし 第5条 何日も症状が変わらないこともある

『傷寒論』第5条 急性の熱性疾患であるので、 第4条で忠告しているように、初日から数日のあいだに、急激に症状が進行するおそれもあります。 が、そうじゃないこともあります。 第5条 傷寒二三日、陽明少陽証不見者、為不伝 読...
傷寒論

『傷寒論』のあらまし 第4条 初日から症状が急変することがある

『傷寒論』第4条 傷寒論は、太陽病から始まります。 ただし、急性の熱性疾患であるので、症状が急に進行してしまうこともあります。 第4条からは、発症してからの日数にかかわらず、常に症状の変化に注意して対応しなければいけないことを...
タイトルとURLをコピーしました