腹痛

消化器系の漢方薬

大建中湯や小建中湯との飲み合わせに注意が必要な糖尿病治療薬

一部の糖尿病治療薬を服用中に、大建中湯や小建中湯を用いる場合に気を付けないといけないことがあります。糖尿病の薬と漢方薬との併用については、一般には添付文書にも特に書かれていない内容ですが、それぞれの成分と作用を知っていれば予測できることなので注意をしておきましょう。
漢方薬の解説

【大建中湯(だいけんちゅうとう)の解説】~冷えによるお腹の張りや腹痛の漢方薬~

消化器を建て直す処方(建中湯類)のひとつです。手術後の腸管癒着や腸閉塞(イレウス)の予防または治療に用いられる他、慢性便秘にも効きそうなイメージがあるかもしれませんが実際の作用は…大建中湯の大事なポイント、飲み方や注意点について。通販もやってます。
漢方薬の解説

【桂枝加芍薬大黄湯の解説】~下剤を使うと腹痛や下痢を起こす場合に~

桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)に大黄を加えた処方です。下剤を飲まないと便が少しずつしか出ない、お腹が張る、でも下剤を使うと腹痛が強くなり、気持ちよくない。高齢者の便秘にも用いられます。
漢方薬の解説

【桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)の解説】~腹痛を伴う下痢や便秘に~

桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)は、生薬の構成は 桂枝湯(けいしとう)と同じで、芍薬の量を倍増したものになります。小建中湯(しょうけんちゅうとう)から膠飴を除いたものにも相当します。各生薬の働きとともに桂枝加芍薬湯の効果を解説します。
漢方薬の解説

【安中散(あんちゅうさん)の解説】~お腹を温めながら痛みを抑える漢方薬~

安中散(あんちゅうさん)は、中(お腹)を安(案)ずる、お腹の痛みを安らかにするという意味があります。配合されるほとんどの生薬がお腹を温める作用をもち、 かつほとんどの生薬が鎮痛のはたらきをするので、冷えによる腹痛(または生理痛)に対して用いられています。安中散の効能や副作用、注意点の解説。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました