吐き気

漢方薬の解説

【茯苓飲の解説】~胸やけ・ゲップに用いる「逆流性食道炎の薬」との違い~

茯苓飲(ぶくりょういん)は、胃の溜飲症に対する代表的な方剤です。不消化の飲食物が胃に留まっていて、酸性の胃液が喉まで上がってくる症状、逆流性食道炎にも使われます。逆流性食道炎の薬のように胃酸の量を減らすのではなく、胃内容物の逆流を防ぎます。
漢方薬の解説

【呉茱萸湯の解説】~冷えによる嘔吐や頭痛の漢方薬~

胃が冷えたことに伴う、嘔吐・吃逆(しゃっくり)に対する代表処方です。温める作用の強い「呉茱萸」をメインにして、胃腸の働きを改善する生薬たちで構成される漢方薬です。片頭痛に効果がある漢方薬としても知られています。呉茱萸湯の効果のポイントや注意点について解説します。
漢方薬の解説

【五苓散の解説】~水毒に用いる代表的な利水薬~

五苓散(ごれいさん)は「利水薬」として有名な漢方薬。二日酔い対策の漢方薬として常備している人も多いかもしれません。水が過剰にあることが原因の症状であれば応用できる、適応範囲の非常に広い漢方薬です。五苓散の作用の特徴や、使用時のポイントまとめて解説します。
生薬の話

【半夏(ハンゲ)】を含む、吐き気に効果のある漢方薬のまとめ

半夏(ハンゲ)は、サトイモ科、カラスビシャクのコルク層を除いた塊茎。水滞によって起こる悪心・嘔吐を治す代表的な薬であり、吐き気に効果のある漢方薬によく(生姜とペアで)配合されています。半夏が配合される代表的な漢方薬についてまとめました。
漢方薬の解説

【小柴胡湯(しょうさいことう)の解説】~漢方的に詳しく分かりやすく解説します~

急性疾患から慢性疾患、ストレス性の症状まで幅広く用いられる小柴胡湯(しょうさいことう)の解説。他の漢方薬ともよく併用されます。少陽病の典型的な症状である往来感熱や胸脇苦満など、使用のポイントや注意点について。
漢方薬の解説

【半夏瀉心湯の解説】~みぞおちの痞えを取り除いてスッキリさせる~

代表的な瀉心湯類の方剤。瀉心とは、上腹部(みぞおちあたり)のつかえを取り除いてスッキリさせるという意味です。心(ココロ)のつかえを取るという意味もあります。胃~胸(みぞおち)のつかえを伴う消化器症状に広く用いられます。最近では、抗がん剤による副作用(口内炎、下痢)の軽減を目的に使われることも増えています。半夏瀉心湯の使用のポイントや、飲み方等の解説。
漢方薬の解説

【安中散の解説】~お腹を温めながら痛みを和らげます~

安中散(あんちゅうさん)は、中(お腹)を安(案)ずる、お腹の痛みを安らかにするという意味の漢方薬。配合されるほとんどの生薬がお腹を温める作用をもち、 かつほとんどの生薬が鎮痛のはたらきをするので、冷えによる腹痛(または生理痛)に用いられています。
漢方薬の解説

【小半夏加茯苓湯の解説】~吐き気や嘔吐、つわりに用いられます~

小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)は、吐き気、悪心、嘔吐に用いられる基本的な漢方薬。つわりや乗り物酔いなど様々な状況の吐き気に使用されますが、これが適さない吐き気もあります。吐き気があるときの服用方法についても解説します。
漢方薬の解説

【六君子湯の解説】~胃腸が弱くて食欲のない人に用いる漢方薬です~

六君子湯(りっくんしとう)の効果や、服用時の注意点、四君子湯や二陳湯との違いについて解説します。脾胃気虚の状態で、胃内停水、悪心、嘔吐、呑酸、水様便をともなう胃腸症状に用いられ、食欲不振、慢性胃炎ではファーストチョイスとなっています。
タイトルとURLをコピーしました