婦人科の漢方薬

女性のお悩みの症状に使われる漢方薬

症状別に、使われる可能性のある漢方薬を例として挙げています。

記載の順番には意味はありません。

月経痛(生理痛)・月経困難症

  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 桂枝茯苓丸加大黄(けいしぶくりょうがんかだいおう)
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 当帰芍薬散加人参(とうきしゃくやくさんかにんじん)
  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
  • 通導散(つうどうさん)
  • 大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)
  • 折衝飲(せっしょういん)
  • 逍遥散(しょうようさん)
  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  • 加味逍遥散加川芎地黄(かみしょうようさんかせんきゅうじおう)/加味逍遥散合四物湯(かみしょうようさんごうしもつとう)
  • 当帰四逆湯(とうきしぎゃくとう)
  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
  • 当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)
  • 温経湯(うんけいとう)
  • 甲字湯(こうじとう)
  • 五積散(ごしゃくさん)
  • 牛膝散(ごしつさん)
  • 温清飲(うんせいいん)
  • 芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)
  • 安中散(あんちゅうさん)

月経不順

  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 当帰芍薬散加人参(とうきしゃくやくさんかにんじん)
  • 温経湯(うんけいとう)
  • 逍遥散(しょうようさん)
  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)
  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
  • 大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)
  • 通導散(つうどうさん)
  • 折衝飲(せっしょういん)
  • 芎帰調血飲(きゅうきちょうけついん)
  • 芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)
  • 女神散(にょしんさん)
  • 四物湯(しもつとう)
  • 温清飲(うんせいいん)
  • 甲字湯(こうじとう)
  • 牛膝散(ごしつさん)
  • 当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)
  • 芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)

更年期障害

  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  • 逍遥散(しょうようさん)
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 当帰芍薬散加人参(とうきしゃくやくさんかにんじん)
  • 加味逍遥散加川芎地黄(かみしょうようさんかせんきゅうじおう)/加味逍遥散合四物湯(かみしょうようさんごうしもつとう)
  • 抑肝散(よくかんさん)
  • 抑肝散加芍薬黄連(よくかんさんかしゃくやくおうれん)
  • 抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)
  • 甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)
  • 温経湯(うんけいとう)
  • 女神散(にょしんさん)
  • 香蘇散(こうそさん)
  • 黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
  • 温清飲(うんせいいん)
  • 四物湯(しもつとう)
  • 連珠飲(れんじゅいん)
  • 通導散(つうどうさん)
  • 甲字湯(こうじとう)
  • 三黄散(さんおうさん)/三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)
  • 五積散(ごしゃくさん)
  • 柴胡桂枝乾姜湯(さいこけんしかんきょうとう)
  • 芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)
  • 四逆散(しぎゃくさん)
  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
  • 帰脾湯(きひとう)
  • 加味帰脾湯(かみきひとう)
  • 酸棗仁湯(さんそうにんとう)

おりもの・こしけ

  • 竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)
  • 温経湯(うんけいとう)
  • 清心蓮子飲(せいしんれんしいん)

不正出血

  • 芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)

つわり

  • 小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)
  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
  • 茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)
  • 乾姜人参半夏丸(かんきょうにんじんはんげがん)
  • 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)
婦人科の漢方薬

【逍遙散】と【加味逍遙散】の違い、使い分け、注意点

ストレスによって気分が落ち込んだりイライラしたり精神的な症状が表れているとき使われる漢方薬に逍遥散(しょうようさん)または加味逍遥散(かみしょうようさん)があります。ただし医療用エキス製剤には加味逍遥散はありますが逍遥散がありません。だからそのため違いを意識せずに使われていることも・・・。注意点とともに使い分けを解説します。
漢方薬の解説

【当帰芍薬散の解説】~冷え症で貧血ぎみ、むくみやすい人に合います~

当帰と芍薬が含まれ「血」の不足を補う作用があり、冷え症で貧血ぎみの女性によく使われています。安産の薬、安胎薬としても知られます。そのため女性用の漢方薬のイメージが強いですが、男性にも用いられますし、非常に適応範囲の広い方剤です。
漢方薬の解説

【加味逍遙散の解説】~更年期障害だけじゃない~

女性の不定愁訴、不安、いらいらなどの精神神経症状、更年期障害などによく使われる漢方薬です。加味逍遙散(かみしょうようさん)の効果のポイントや注意点について解説します。
漢方薬の解説

【桃核承気湯の解説】~便秘を伴った、月経に関連した症状に~

「○○承気湯」と名の付く漢方薬のひとつ「桃核承気湯」。構成生薬とその作用を説明し、便秘を伴う症状や月経に関連した症状に使われる理由、他の駆瘀血剤である桂枝茯苓丸などとの違いについても解説します。
漢方薬の解説

【逍遙散の解説】~東洋医学的な「肝」と「ストレス」の関係から~

逍遙散(しょうようさん)の「逍遙」とは? 逍遙散の名前の意味について。逍遙とは、あちこちフラフラと歩き回る様子のことなので、「逍遙は、訴える症状が様々で、話す悩みの内容が毎回コロコロと変わるような人に使うといい方剤」と説明...
婦人科の漢方薬

不妊治療をされる方に漢方薬がすすめられる2つの理由

6組に1組が不妊治療を受けていると言われる時代。漢方薬も有効に使って頂ければと思います。   一般的な不妊治療の流れ まず、妊娠しやすい排卵日を予測して夫婦生活の指導を受けるタイミング療法があります。それでも...
漢方薬の解説

【桂枝茯苓丸の解説】~瘀血(おけつ)を改善する漢方薬の代表~

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は、 駆瘀血剤の代表的処方。 主に血行不良の改善、または血行不良による痛みの緩和にはたらき、 血の巡りが悪いことで起こる諸症状に用いることができます。 当帰芍薬散、加味逍遙散と並んで三大漢方婦人薬のひとつと言われますが、男女を問わず使用可。 使用のポイントや、副作用、注意点について。
漢方薬の解説

【四物湯の解説】~貧血や冷え症、生理不順に使われる補血の基本処方~

四物湯(しもつとう)は補血の基本方剤であり、調経(月経を調える)の基本処方としても使われます。補血剤なので「血虚証」に用いられますが、東洋医学的な「血虚」と西洋医学的な「貧血」は異なります。四物湯の補血作用の特徴と効能、注意点について解説します。
タイトルとURLをコピーしました