痛みに使う漢方薬

漢方薬の解説

【立効散(りっこうさん)の解説】~歯が痛いときは110番⁉~

立効散は主に虫歯の痛み、抜歯後の痛みなど、歯科系の痛みに対して使われている漢方薬。 医療用の立効散は歯医者さんでも処方されます。基本は頓服で使用。ただし、普通に服用してはいけません。立効散に配合される生薬と、効果的な飲み方について解説します。
漢方薬の解説

【釣藤散(ちょうとうさん)の解説】~慢性化した頭痛、頭重、めまいの漢方薬~

釣藤散(ちょうとうさん)は、慢性的に肩こり・めまい・耳鳴り・頭痛・頭重感がある人、特に、胃腸が弱ってきていて、高血圧や動脈硬化症の傾向のある、中高年くらいの方に多く用いられる漢方薬。生薬の構成、釣藤散の効能のポイントを解説します。
漢方薬の解説

【麻杏薏甘湯(まきょうよくかんとう)の解説】~筋肉痛や関節痛などに用いられる漢方薬~

麻杏薏甘湯は、関節痛や筋肉痛、しびれの漢方薬として知られますが、特に「湿邪」が原因で起こる痛みに用いられます。生薬の構成と効果のポイント、副作用や注意点について解説します。
漢方薬の解説

【桂芍知母湯(けいしゃくちもとう)の解説 】~患部に発赤や熱感がある関節痛の漢方薬~

関節痛や関節リウマチに用いられている漢方薬。清熱作用のある知母(ちも)が配合されていおり、患部に熱をもっているときにも適します。しかし、麻黄・附子・甘草など少し注意が必要な生薬も含まれています。桂芍知母湯の生薬構成のポイントや副作用などの注意点について解説します。
漢方薬の解説

【麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)の解説】~冷えや寒気を感じるカゼや痛みに~

配合されている麻黄・附子・細辛の3種類の生薬名がそのまま名前になっている漢方薬。高齢者の感冒の他、さまざまな症状に用いられますが、基本的には、体力が弱くて冷えの強い人、または冷えを伴う症状、に用いられます。麻黄附子細辛湯に配合されている生薬について、また使用時のポイントや注意点について解説します。
漢方薬の解説

【疎経活血湯(そけいかっけつとう)の解説】~疎経と活血で痛みを止める~

「疎経活血湯」(そけいかっけつとう)は、17種類もの生薬が配合されている方剤です。 主には痛みやしびれに使われる漢方薬です。 一般的には、腰から下肢にかけての痛みに、となっていますが、 手足のしびれ、肩関節も含め・腰・膝など上半身でも下半身でも対象になり得ます。配合される生薬と、作用の特徴について解説します。
漢方薬の解説

肩こりや緊張型頭痛に「葛根湯」は効くけれど、注意も必要です

葛根湯は、代表的なカゼの漢方薬ですが、 肩こりや頭痛に使える漢方薬としてもよく知られています。 しかし葛根湯は体質改善の漢方薬ではありません。葛根湯の肩こりや頭痛に対する効果、使用時の注意点を解説、また独活葛根湯についても。
漢方薬の解説

【 治打撲一方(ぢだぼくいっぽう)の解説】~打撲や捻挫に効く漢方薬の効果とは~

治打撲一方は、日本で作られた漢方薬。打撲を治す処方という名の通り、打撲や捻挫による腫れや痛みに使用されます。生薬の構成の特徴と、どのような痛みに用いることができるかを解説します。
漢方薬の解説

【二朮湯(にじゅつとう)の解説】~なぜ肩こりではなく五十肩の薬なのか?~

なぜ「二朮湯」の適応が五十肩なのか?効能書きはシンプルに書かれていますが、構成している生薬は少し多くて複雑です。「朮」が2つとも使用されているのが特徴です。大事な点は「湿」の存在。二朮湯が五十肩の薬として使える理由を解説します。
漢方薬の解説

葛根湯だけじゃない!専門家が肩こりに使っている漢方薬

肩こり、首のこりの漢方薬について。漢方薬の専門家が推奨している漢方薬は何でしょうか? 葛根湯? 桂枝茯苓丸? 芍薬甘草湯?例えば葛根湯が肩こりに有効だということはよく知られていますが、葛根湯以外にはどのような漢方薬が使われるのか。調べてみました。
漢方薬の解説

【乙字湯(おつじとう)の解説】~切れ痔やイボ痔の漢方薬~

江戸時代の日本で、脱肛・痔核に対してつくられた処方です。症状の激しくない、軽度な痔に広く用いられています。「乙字湯」のキレ痔、イボ痔に対する効果について、特徴や副作用など注意点とともに解説します。
漢方薬の解説

【芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)の解説】

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)は、こむら返り、急に足がつる時の漢方薬として有名ですが、基本的には足に限らずどこの筋肉(骨格筋や内臓平滑筋)にでも用いることができます。ただし、服用方法については気をつけていただきたいこともあります。
漢方薬の解説

【苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)の解説】~足腰の冷えと腰痛に用いる漢方薬~

苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)は、腰から足が水中に座っているかのように冷えて痛い、または腰に重いものを結びつけているかよう重だるいといった症状に使われます。配合される生薬は人参湯や苓桂朮甘湯とも似ていますが、効果はかなり違っています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました