冷えに使う漢方薬

漢方薬の解説

「大建中湯」の押さえておくべき効果と副作用

消化器機能を改善する処方(建中湯類)のひとつです。手術後の腸管癒着や腸閉塞(イレウス)の予防または治療に用いられる他、便秘薬として使用されます。腸を刺激する大黄が含まれないとか、お腹を温める漢方だということで慢性便秘に穏やかに効きそうなイメージがあるかもしれませんが本当は…大建中湯の大事なポイントをまとめて解説します。
漢方薬の解説

冷えと下痢に頻用される「人参湯」「理中丸」

人参湯(にんじんとう)は、お腹が冷えていて消化器のはたらきが低下しているときの漢方薬です。下痢に対して頻用されている処方の一つです。人参湯が適する冷えや下痢の特徴についてまとめます。もともと冷え症の人や、冷たいものを摂りすぎた時の症状にも。理中丸(りちゅうがん)とは人参湯を丸剤にしたものです。
漢方薬の解説

八味地黄丸(はちみじおうがん)の解説

八味地黄丸(はちみぞうがん)は、腎虚に対する補腎の代表的処方。加齢に伴って起こってくる症状に対しての方剤で、特に手や足腰が冷えている場合に使われることが多い漢方薬です。東洋医学的な「腎」のはたらきとともに、八味地黄丸の効果と注意点を解説します。
漢方薬の解説

足腰の冷えと腰痛に「苓姜朮甘湯」

苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)は、腰から足が水中に座っているかのように冷えて痛い、または腰に重いものを結びつけているかよう重だるいといった症状に使われます。配合される生薬は人参湯や苓桂朮甘湯とも似ていますが、効果はかなり違っています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました