半夏

漢方薬の解説

【二陳湯(にちんとう)】の解説

~悪心や嘔吐、胃部の不快感に用いられる漢方薬~ 二陳湯にちんとうは、痰飲たんいん(痰湿たんしつ)を治す基本方剤です。 痰飲とは、「人体のなんらかの代謝の異常によって、水(津液)が停滞して溜まっている状態」のこと。 中医学的には...
漢方薬の解説

茯苓飲加半夏(ぶくりょういんかはんげ)

茯苓飲加半夏 茯苓飲ぶくりょういんに半夏を加えたものです。 出典 『類聚方広義』 (茯苓飲の原典は『金匱要略』) 生薬の構成 当然ながら茯苓飲の構成生薬+半夏という...
中薬学(生薬の効能)

【温化寒痰薬】~半夏・天南星・白附子・白芥子~

13-(1) 温化寒痰薬(おんかかんたんやく) 半夏(はんげ) サトイモ科カラスビシャクのコルク層を除いた塊茎 【性味】辛 温 【帰経】脾 胃 肺 【効能】燥湿化痰 降逆止嘔 消痞散結 ①燥湿化痰 湿を乾かし、痰を化す...
生薬の話

【半夏(ハンゲ)】を含む、吐き気に効果のある漢方薬のまとめ

半夏(ハンゲ)は、サトイモ科、カラスビシャクのコルク層を除いた塊茎。水滞によって起こる悪心・嘔吐を治す代表的な薬であり、吐き気に効果のある漢方薬によく(生姜とペアで)配合されています。半夏が配合される代表的な漢方薬についてまとめました。
漢方薬の解説

【麦門冬湯(ばくもんどうとう)】の解説

~長引く乾いた咳に効果的な漢方薬~ 麦門冬湯ばくもんどうとうは、痰の切れにくい咳、気管支炎、ぜんそくなど、咳の症状に使われることの多い漢方薬です。しかし、ただの「咳止め」ではなく、のどの乾燥を潤す効果の漢方薬でもあります。乾いた咳に適して...
漢方薬の解説

【半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)】の解説

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)は代表的な瀉心湯類の方剤。瀉心とは上腹部(みぞおちあたり)のつかえを取り除いてスッキリさせるということ。つかえ感を伴う消化器症状に広く用いられます。構成生薬のはたらき、使用のポイント、飲み方、含嗽療法等の解説。
漢方薬の解説

【小青竜湯(しょうせいりゅうとう)】の解説

~水っぽいサラサラの鼻水や痰が出るときの漢方薬~ 小青竜湯の効能効果、使用のポイント、副作用と注意点などについて、まとめて解説いたします。 効能・適応症状 まず、医療用の小青竜湯の効能・効果は、次のようになって...
漢方薬の解説

【小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)】の解説

~吐き気を抑える効果的な使い方~ 漢方薬における基本方剤の一つ、「小半夏加茯苓湯」。 方剤の名前が少し大そうなものに感じますが、 生姜+半夏の2つの生薬で「小半夏湯しょうはんげとう」と言いまして、 それに茯苓を加えている...
漢方薬の解説

【六君子湯(りっくんしとう)】の解説

~食欲不振などの胃腸症状に用いる漢方薬~ 六君子湯りっくんしとうは、脾気虚ひききょに対する代表的な漢方薬です。 胃腸がよわい虚証きょしょうの人の、胃腸薬として用いられます。 食欲不振、胃もたれ、吐き気などの胃腸の不調があるのに...
漢方薬の解説

【半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)】の解説

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)は気うつを治す理気剤の代表的方剤です。 性格的には神経質や方、几帳面な方に用いられることが多い。特に喉に何かがつかえているような感じがあるときのファーストチョイス。適応する症状や、副作用・注意点について解説します。
タイトルとURLをコピーしました