気虚に使われる漢方薬

漢方薬の解説

補気の王と称される「補中益気湯」

「中(消化器)の機能を補い、気を益す」ということから補中益気湯。胃腸のはたらきが弱り体力が低下している、手足がだるいなどのときに用います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました