【補中益気湯(ほちゅうえっきとう)の解説】~元気がない、気力がない、疲れやすいを改善する漢方薬~

飛躍するサラリーマンのイメージ漢方薬の解説

補中益気湯(ほちゅうえっきとう):HET

手足がだるい(↓)、汗が垂れる(↓)、体重が落ちる(↓)、臓器が下がる(↓)、気分が落ち込む(↓)、パワーダウンした(↓)などに用いられ、

なにかと下向きに落ち込んでいる「気」(エネルギー)を、下からしっかり支え上げる感じのイメージがある薬です。

補中益気湯の概要をまとめると次のような漢方薬になります。

  • 補剤の王者として、別名「医王湯」と称されています。
  • 人参と黄耆を含む、参耆剤(じんぎざい)の一つです。
  • 補気剤の基本方剤である「四君子湯」がベースに配合されています。
  • (消化器)の機能をい、す」ということから補中益気湯と言います。
  • 中医学的に言うと、脾胃気虚または中気下陥(脾気不足による内臓の下垂)に対する代表的処方です。

補中益気湯の出典

『内外傷弁惑論』『脾胃論』(13世紀)

補中益気湯の成分(構成生薬)

  • 人参(ニンジン)
  • 黄耆(オウギ)
  • 白朮(ビャクジュツ)※
  • 当帰(トウキ)
  • 陳皮(チンピ)
  • 柴胡(サイコ)
  • 升麻(ショウマ)
  • 大棗(タイソウ)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 生姜(ショウキョウ)※※

※白朮の代わりに蒼朮(ソウジュツ)を使っているメーカーがあります。
※※生姜ではなく乾姜(カンキョウ)となっているメーカーがあります。

補中益気湯=四君子湯-茯苓+(柴胡・升麻・黄耆・当帰・陳皮)

(人参・白朮・甘草・大棗・生姜=「四君子湯」-茯苓)

添付文書上の効能・効果

【ツムラ】

消化機能が衰え、四肢倦怠感著しい虚弱体質者の次の諸症:
夏やせ、病後の体力増強、結核症、食欲不振、胃下垂、感冒、痔、脱肛、子宮下垂、陰萎、半身不随、多汗症

【クラシエ】【オースギ】他

元気がなく胃腸のはたらきが衰えて疲れやすいものの次の諸症:
虚弱体質、疲労けん怠、病後の衰弱、食欲不振、ねあせ

【コタロー】

胃腸機能減退し、疲労けん怠感があるもの、あるいは頭痛、悪寒、盗汗、弛緩性出血などを伴うもの。
結核性疾患および病後の体力増強、胃弱、貧血症、夏やせ、虚弱体質、低血圧、腺病質、痔疾、脱肛。

【三和】

体力が乏しく貧血ぎみで、胃腸機能が減退し、疲労倦怠感や食欲不振あるいは盗汗などあるものの次の諸症
病後・術後の衰弱、胸部疾患の体力増強、貧血症、低血圧症、夏やせ、胃弱、胃腸機能減退、多汗症

薬局製剤(薬局製造販売医薬品)

体力虚弱で、元気がなく、胃腸のはたらきが衰えて、疲れやすいものの次の諸症:
虚弱体質、疲労 倦怠、病後・術後の衰弱、食欲不振、ねあせ、感冒

補中益気湯のポイント

消化器機能を整える四君子湯をベースに、補気の効果を高める黄耆も配合されていることから、

胃腸のはたらきが弱り、体力が低下して、元気がない状態、

漢方的には「脾虚」の症状に用いられます。

具体的症状として、

  • 疲れやすい
  • 目や声(言葉)に力がない
  • 全身または四肢(手足)がだるい
  • 息切れがする
  • 食後に眠くなる
  • 食事が美味しくない
  • 温かいものを飲みたくなる
  • 立ちくらみがする
  • 頭がぼーっとする
  • 汗をかきやすい
  • 口に唾液が溜まりやすい
  • 女性では月経過多、月経周期が短い
    などがあります。
上記の中でも、特に「手足がだるい」という自覚症状が重要なポイントとされています。


柴胡・升麻には、消化器機能を整えて増やした「気」を上部へ引き上げるはたらきがあります。

朝ご飯を食べずに家を出て、朝礼の長い話の途中で倒れてしまう子供、

満員電車で長時間立ちっぱなしのときにふらつきが起こる人、

このような頭部に「気」が足りなくて、ふらつく場合にも使われます。


他に、柴胡・升麻には、内臓の下垂を吊り上げる(昇提)作用ももつので、内臓下垂にも応用されます。

また、柴胡が配合されている代表的な方剤(柴胡剤)の中では最も虚証向けと考えられます。

かつ、解熱・抗炎症作用のある升麻も配合されることから、虚証の(よく風邪をひくという)人向きの風邪薬として使われることがあります。

血虚の症状がある場合は、「十全大補湯」や「人参養栄湯」の方が適します。
逆に「十全大補湯」や「人参養栄湯」の地黄が合わず服用できない人に「補中益気湯」が用いられることがあるかもしれません。
 
補中益気湯の使われている具体的な症状を挙げると、次のようなものになります。

補中益気湯の適応症状

  • 食欲不振、倦怠感、疲労、夏やせ、虚弱体質、感冒、肺結核
  • 病中・病後・産後・術後の衰弱、化学療法の副作用の軽減、慢性疲労、
  • 体力低下による不眠、老化防止
  • 胃弱、胃痛、消化不良、慢性下痢(、または弛緩性便秘で下痢と便秘を繰り返す)
  • 胃下垂、痔、脱肛、子宮下垂、子宮脱、内臓下垂、眼瞼下垂、ヘルニア
  • 慢性閉塞性肺疾患 (COPD)
  • 低血圧、貧血症、多汗症、盗汗(寝汗)、半身不随
  • 男性不妊(乏精子症)、インポテンツ(陰萎)
  • 排尿困難、排尿時間の延長、腹圧性尿失禁
  • 月経過多、不正出血
  • 微熱、立ちくらみ、頭痛、めまい、眼精疲労、口内炎、自律神経失調症
  • 褥瘡(床ずれ)、アトピー性皮膚炎
上記の症状に応用されることがあるという意味であり、すべての症状が補中益気湯で治せる、ということではありません。 保険適応外の症状を含みます。

補中益気湯の加味方

補中益気湯の証で、さらに口腔の乾燥があり、咳の続く場合の方剤に「味麦益気湯」があります。

補中益気湯に五味子麦門冬を加えたものです。

エキス剤では、「補中益気湯+生脈散」または「補中益気湯+麦門冬湯」で代用されることがあります。

補中益気湯の副作用・注意点

長期に服用するときは、甘草による副作用に注意してください。

白朮ではなく蒼朮が使われているものがあります。補中益気湯に本来期待する効果をきちんと得るためには「白朮」の方が望ましいです。

柴胡が配合されていますので、副作用として念のため、間質性肺炎に対する注意が必要です。

柴胡が配合されていますが、一般的な柴胡剤のような肝気鬱結(ストレス)による症状に対しては用いられません。

理気薬である陳皮が配合されているために、

著しく虚弱の方の場合、

もともと少ない気を巡らせることになるので、

逆に疲れを助長されるおそれもあります。

心配な場合は、四君子湯(しくんしとう)からはじめてください。

補中益気湯の使用目標(口訣より)

江戸時代の漢方医である津田玄仙の著書に、補中益気湯を使用するポイントが8つ挙げられています。

①手足倦怠(手足がだるい)
②言語軽微(声が小さく力がない)
③眼勢無力(眼に力がない)
④口中生白沫(白い沫状の唾がみられる)
⑤食失味(食べ物の味がしない、砂を噛んでるみたい)
⑥口好熱湯(熱い食べ物、飲み物を好む)
⑦当臍有動悸(おへそのあたりで動悸がする)
⑧脈散大無力(脈が散大で力がない)

特に①の手足倦怠が一番肝要としていますが、これらの中で1~2個でも当てはまれば、補中益気湯を検討してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました