下痢に使う漢方薬

漢方薬の解説

腹痛を伴う下痢や便秘に「桂枝加芍薬湯」

桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)は、生薬の構成は 桂枝湯(けいしとう)と同じで、芍薬の量を倍増したものになります。小建中湯(しょうけんちゅうとう)から膠飴を除いたものにも相当します。風邪に用いる桂枝湯の芍薬を増やすだけで、なぜお腹の薬として使えるのか。各生薬の働きとともに桂枝加芍薬湯の効果を解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました