漢方薬の一般的なことに関する質問

漢方薬全般に関してのよくある疑問・質問への回答

漢方とは?

漢方とは医学や医術のことで「漢方医学」を意味します。ただし、漢方医学で用いる処方という意味でも「漢方」が使われることもあります。江戸時代に日本に入ってきた西洋医学「蘭方」と区別が必要になって、使われるようになった言葉です。

漢方薬とは?

漢方で用いる薬のことを「漢方薬」といいます。通常、2種類以上の生薬を組み合わせて作られます。生薬の効果をより発揮させ、かつ弊害があまりでないように、漢方の理論に基づいて生薬の配合が考えられています。

生薬(しょうやく)とは?

「植物・動物・鉱物など天然のもので、薬としての作用をもつ部分」のことです。例えば葛根(カッコン)は葛(クズ)という植物の「根」が生薬です。葛粉(くずこ)は食品ですが、生薬として葛根を扱うなら薬です。『日本薬局方』という医薬品の規格基準書に、その性状や品質、確認方法について細かく規定されています。

和漢薬とは?

和薬と漢薬を合わせたものなので、日本の生薬と中国の生薬の総合的なものを表します。実際、日本の薬と中国の薬の区別が難しいものがたくさんあるので通常は融合したものとして和漢薬といいます。一般的には和漢薬に相当するものの多くは「生薬」にも該当しますが、生薬という言葉よりも、民間薬なども含めた(自然由来の成分という)ニュアンスでよく使われているのかもしれません。

民間薬とは?

経験的に健康や美容に良いと伝えられてきて、民間療法として用いられているものです。通常は1種類の植物で使用することが多い。医薬品である漢方薬とは異なります。ゲンノショウコ、ドクダミ、センブリなど。

東洋医学とは?

中国発症の伝統医学のことを東洋医学といいます。漢方も東洋医学に含まれます。また広い意味では、インドのアーユルヴェーダやチベット医学などアジアの伝統医学全般をひっくるめて東洋医学とよぶ場合があります。

中医学と漢方の違いは?

中国の伝統医学のことを中医学といい、中医学で用いる薬(生薬)は中薬といいます。漢方は、もとは中国から伝えられたものですが、その後日本で独自に発展をしている日本の医学です。「漢字」のように、日本と中国では似ているようで結構違っています。

未病(みびょう)とは?

病気ではないけれど、なんとなく調子が悪い、疲れやすい、食欲がない、体が冷える、などの状態を、病気の少し手前、病気に向かっている段階と考えます。漢方では、病名のまだつかないこの未病の状態も治療の対象になります。

漢方薬はどうして高いのですか?

漢方薬の原料である生薬のおよそ80%は中国からの輸入に頼っています。日本でも一部は栽培化され安定的に生産されている種類もありますが、野生の品種を採集しながら品質を確保しているものもたくさんあります。生薬の価格は、中国の社会情勢の影響も強く受けますし、さらに近年は世界的にも漢方薬に注目が高まっていることもあり、生薬の価格はますます高騰してきています。今後、異常気象などが続き生薬の栽培地に被害が増えればさらに生薬の希少性は増してくることも予想されます。

病院でもらう漢方薬と市販の漢方薬に違いはありますか?

名前が同じ漢方薬なら、得られる効果も基本的には大体同じはずです。ただし市販薬の方が成分の含量が少ない場合があります。
医療用だけで認められていて市販はされていない漢方薬もありますし、医療用には無く市販でしか手に入らない漢方薬もあります。

漢方薬は市販のを買うより病院で処方してもらった方が安く済みますよね?

日本では148種類の漢方エキス製剤が健康保険の適応になっており、一般の病院やクリニックでも処方されています。ただし、健康保険を利用されるなら病気の診断が必要です。美容目的、病気の予防目的での使用に保険適応は認められていません。漢方薬を保険で処方してもらえるかどうかは、医療機関へお尋ねください。漢方薬の代金以外に、診察料、検査料の他、薬局での調剤料なども負担割合に応じた金額が別途かかってきます。通院時間や、クリニックと薬局での待ち時間なども必要なことも考慮してお決めください。
なお、一般用(市販)のエキス剤は294種類。薬局で製造販売できる漢方薬(煎じ薬や丸剤、散剤)については236種類あります。つまり健康保険が適応になっていない漢方薬もたくさんあります。

○○湯、○○散、○○丸、○○料の違いは何ですか?

○○湯:生薬スープみたいなもので、お湯で生薬を煮詰めて得られた湯液を服用するもの。
○○散:生薬を粉々にすり潰して、粉薬として服用するもの。
○○丸:粉々にした生薬をハチミツと練りこんで、団子のように丸めたものを服用するもの。
○○料:本来は上記のようにして服用するところを、同じ材料を用いて別の方法で服用するもの。当帰芍薬や桂枝茯苓を煎じて服用する場合、当帰芍薬散料、桂枝茯苓丸料といいます。エキス製剤も製造工程で一度煎じているので、正確には当帰芍薬散料エキス顆粒、桂枝茯苓丸料エキス顆粒などとなります。

漢方薬生薬認定薬剤師って何ですか?

特に漢方薬・生薬に関する専門的知識を備えていることを認定された薬剤師です。取得後も3年ごとの更新のため研鑽が必要です。(自分が取得しておいて言うのもなんですが)時間とお金はかかりますが認定を受けること自体はそれほど難しくありません。どんな資格でもそうだと思いますが、資格を取るための勉強はきっかけに過ぎず、それを実際に何かに役立てようと思うと取得してからの勉強の方が大変です。

登録販売者でも漢方薬を販売できますか?

ドラッグストアなどで購入が可能な一般用医薬品(OTC)は、漢方薬に限らず、副作用のリスクに応じて第1類~第3類の分類があります。登録販売者は、リスクの比較的低い第2類および第3類医薬品に限って、販売と情報提供を行うことが可能です。多くの生薬の商品は第3類医薬品に、多くの漢方薬の商品は第2類医薬品に分類されていますので、登録販売者の資格でも多くの漢方薬の販売に携わることは努力次第で可能です。

タイトルとURLをコピーしました