東洋医学における「腎」の3つのはたらき

東洋医学における「腎」について

腎のはたらき、または腎が弱ったときの影響をまとめると、3つに整理できます。

①臓器としての「腎」

腎はまず、もちろん泌尿器の臓器である腎臓のことを指します。

その腎のはたらきで重要なことは、体の水分代謝を管理していることです。

体にある水を、

  • 必要な水と不要な水とに分ける
  • 必要な水は肺に上げる
  • 不要な水(尿)は膀胱に下ろす

そして尿を排泄するところまでを腎が管理しています。

つまり腎が弱ると・・・

不要な水が体内に浮腫として停滞しますし、
尿が出にくくなったり、頻尿になったり、
トイレのタイミングをコントロールできず失禁したりもします。

②腎は精を貯蔵する

もうひとつ東洋医学としての腎の特徴は、成長・発育・老化・生殖機能へのはたらきです。

腎が精を貯蔵することを蔵精といいます。

腎にある精は、血・骨・歯・脳・生殖・生命活動の原料の根源となるものなので この腎精が少ないということは、骨格・知能・生殖機能・体力などの面で衰えがみられることになります。

これは決して東洋医学だけの特殊な考えではないと思います。

西洋医学的にも、腎臓というのは利尿するだけではありません。血圧を維持すためのホルモン(レニン)や、造血に必要なホルモン(エリスロポエチン)を分泌していますし、それから骨を丈夫にするのに必要なビタミンDの活性化にも関わっています。さらに副腎を含めますと、日常生活を維持するための、血圧、血糖、疲労や倦怠感、様々なホルモンの調節に関わっていることが分かります。

腎精=ホルモンとする場合もありますが、 東洋医学の長い歴史の中では、ホルモンというものが解明される前から、 腎には腎精が蓄えられていて、これが生命の根源で、寿命をまっとうするための基礎となる、と考えられてきたのです。

腎虚の場合、

白髪や抜け毛が増える、歯が抜けやすい、骨が折れやすい、物忘れしやすい、疲れやすい、足腰が重だるい、性欲が衰える、ED、早期の閉経、不妊・・・
などがみられます。

③腎は納気を主る

大気から気(清気)を吸い込むのは「肺」です。

そしてその気を体内に取り込むのは「腎」の役割です。

これを納気と言います。

腎虚になると、

肺の気が腎まで下がって行かず、肺が新しい気を吸い込むのに支障が出てきます。
呼吸の吸気が苦しくなってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました