泌尿器系の漢方薬

漢方薬の解説

【猪苓湯(ちょれいとう)の解説】~排尿時に違和感や不快感があるときの漢方薬~

猪苓湯が膀胱炎などに使われる場合、 主な目的は、 膀胱に水分を引きこんで、尿を希釈する、 それによって、膀胱炎様の症状である、膀胱の刺激感、排尿痛、違和感、不快感を和らげることです。その他、膀胱炎や尿道炎に「猪苓湯」を使うときに知っておいて欲しいこと
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました