葛根

中薬学(生薬の効能)

【辛涼解表薬】~薄荷・牛蒡子・桑葉・菊花・淡豆豉・葛根・柴胡・升麻~

1-(2)  辛涼解表薬(しんりょうげひょうやく) 辛涼解表薬は、解表薬のなかで、主に外感病の風熱の表証(感冒で発熱、悪風、のどの乾きなど)に用いられる生薬です。 辛涼の性味をもつものが多く、風熱を発散(疏散)させるという共通の作用...
漢方薬の解説

【升麻葛根湯(しょうまかっこんとう)】の解説

「升麻葛根湯」という名前は一見「葛根湯」に升麻を加えたようなものにも感じられますが、違います。処方の主役が「升麻」と「葛根」の2つの生薬であるということで、麻疹(はしか)にも使用されていた方剤です。
漢方薬の解説

【桂枝加葛根湯の解説】~桂枝湯と葛根湯のあいだにある漢方薬~

桂枝加葛根湯(けいしかかっこんとう)は、桂枝湯に葛根を加えたもの。または、葛根湯から麻黄を抜いたものです。桂枝湯、桂枝加葛根湯、葛根湯の違いと使い分けについて。
漢方薬の解説

【麻黄湯の解説】

麻黄湯(まおうとう)の構成生薬は、①麻黄②桂枝③杏仁④甘草の4種類。比較的シンプルな構成ですが、そのため効き目もシャープです。麻黄湯の解説。配合生薬のはたらき、適応症状、副作用や使用上の注意点について。
漢方薬の解説

【葛根湯の解説】

葛根湯(かっこんとう)は、風邪(感冒)の常備薬として活用される有名な漢方薬です。 風邪薬のイメージが強いですが、カゼ以外の適応範囲も広いです。カゼで使用するとき、カゼ以外で使用するときの、基本的な使い方、副作用や注意点について。
タイトルとURLをコピーしました