茯苓飲

違い・使い分け

【六君子湯】と【茯苓飲】の違い~食欲がないときはどっちが良い?~

六君子湯(りっくんしとう)と茯苓飲(ぶくりょういん)はともに消化器系の症状に用いる代表的な漢方薬です。構成生薬は一見、非常によく似ていますが、使用目的には若干の違いがあります。使い分けのポイントを説明します。
漢方薬の解説

【茯苓飲】の解説~胸やけ・ゲップに用いる「逆流性食道炎の薬」との違い~

茯苓飲(ぶくりょういん)は、胃の溜飲症に対する代表的な方剤です。不消化の飲食物が胃に留まっていて、酸性の胃液が喉まで上がってくる症状、逆流性食道炎にも使われます。逆流性食道炎の薬のように胃酸の量を減らすのではなく、胃内容物の逆流を防ぎます。
タイトルとURLをコピーしました