漢方薬の解説

【六味丸の解説】~補陰(補腎陰)の基本方剤~

別名を六味地黄丸または六味腎気丸。八味地黄丸から桂皮と附子の2つの生薬を除いて作られたもので、構成生薬が6種類(六味)である方剤です。桂皮と附子が配合されている八味地黄丸は「冷え」の症状があるときに適しているのに対して、六味丸は逆に「ほてり」があるときに用いらます。
漢方薬の解説

加齢に伴う症状に【八味地黄丸】の解説~腎を補う漢方薬~

八味地黄丸(はちみじおうがん)は、腎虚に対する補腎の代表的処方。加齢に伴って起こってくる症状に対しての方剤で、特に手や足腰が冷えている場合に使われることが多い漢方薬です。八味地黄丸の効果と注意点、六味丸との違いなどについての解説。
東洋医学・中医理論の話

東洋医学における「腎」の3つのはたらき

東洋医学における「腎」について 腎のはたらき、または腎が弱ったときの影響をまとめると、3つに整理できます。 ①臓器としての「腎」 腎はまず、もちろん泌尿器の臓器である腎臓のことを指します。 その腎のはたらきで重要なことは、体の水...
タイトルとURLをコピーしました