湿邪

中薬学(生薬の効能)

芳香化湿薬(ほうこうかしつやく)の概念

芳香化湿薬(ほうこうかしつやく)は、芳香があって、主に内臓(中焦)の湿邪を除去し、それにより特に脾の消化吸収のはたらきを改善させることに用いられます。中焦の湿邪による影響、症状、それに対する芳香化湿薬の使い方や注意点について。
違い・使い分け

「麻黄湯」「桂枝湯」から湿邪へ対しての展開

基本はやはり「麻黄湯」と「桂枝湯」 感冒(カゼ)に使われる代表的で対照的な2つの漢方薬です。 風寒のカゼで、汗のない表実証なら「麻黄湯」(まおうとう) 風寒のカゼで、汗のある表虚証なら「桂枝湯」(けいしとう) この「...
漢方薬の解説

【平胃散の解説】~食べすぎ飲みすぎによる胃もたれ時の漢方薬~

平胃散(へいいさ)は、食べ過ぎによる胃もたれの漢方薬と知られています。漢方的には、胃腸(脾)に食べ物由来の「湿邪」が停滞していて、胃腸障害を起こしているときに用いられます。平胃散の構成生薬の特徴、他の消化器系の漢方薬との違い、使用時の注意点について解説します。
漢方薬の解説

【疎経活血湯の解説】~疎経と活血で痛みを止める~

「疎経活血湯」(そけいかっけつとう)は、17種類もの生薬が配合されている方剤です。 主には痛みやしびれに使われる漢方薬です。 一般的には、腰から下肢にかけての痛みに、となっていますが、 手足のしびれ、肩関節も含め・腰・膝など上半身でも下半身でも対象になり得ます。配合される生薬と、作用の特徴について解説します。
タイトルとURLをコピーしました