気滞

中薬学(生薬の効能)

【活血行気薬】~川芎・延胡索・鬱金(姜黄)・乳香・没薬・三稜・莪朮~

12-(1)  活血行気薬(かっけつこうきやく) 活血化瘀薬のうち、特に気滞血瘀証に用いられる生薬です。 川芎(せんきゅう) セリ科センキュウCnidium officinaleの根茎(日本産) 【性味】辛 温 【帰経】肝...
中薬学(生薬の効能)

【理気薬】~陳皮・青皮・枳実・香附子・木香・薤白・烏薬・柿蒂・川楝子~

8-(1) 理気薬(りきやく) 他に分類されている生薬でも理気作用を有するものはたくさんありますが、 理気薬としての代表的な生薬です。 陳皮(ちんぴ) ミカン科ウンシュウミカンなどの成熟した果皮 ※「陳」は古いものを意味す...
中薬学(生薬の効能)

理気薬(りきやく)の概念

8.理気薬とは 理気薬は、行気薬(こうきやく)とも呼ばれます。 理気薬とは「気を巡らせる薬」であり気滞や気逆に使われる薬、 と一般的にはよく言われますが、ここではもう少し詳しくその作用についてまとめておきます。 気の運動 理気...
漢方薬の解説

【通導散】の解説~瘀血と気滞と便秘を伴うときの漢方薬~

駆瘀血剤として「瘀血」があり「便秘」しているときに使われる漢方薬。もともとは外傷後の治療のために考えられたものです。しかし現代では外傷に限らず、瘀血による症状、婦人科疾患や月経に関連する症状に広く応用されます。通導散の効能効果、副作用、注意点など、またその他の駆瘀血剤との違いを説明します。
タイトルとURLをコピーしました