四君子湯

漢方薬の解説

【帰脾湯と加味帰脾湯の解説】~胃腸虚弱の方の不眠に使われる漢方薬~

弱っている脾(胃腸)のはたらきを回復させるという意味の「帰脾湯」と、それに柴胡と山梔子が加味された「加味帰脾湯」。胃腸が弱く体力がない方の、不眠や精神不安などに用いられる漢方薬です。配合される生薬の特徴と作用のポイント、注意点を解説します。
漢方薬の解説

【四君子湯の解説】~胃腸が弱い人や食欲がないときの基本処方~

四君子湯(しくんしとう)は、脾虚(胃腸伽弱)の方、食欲不振の方に使われる漢方薬。六君子湯、十全大補湯、加味帰脾湯など、多くの補剤のベースとなっている処方です。四君子湯の効果や飲み方について解説します。
漢方薬の解説

【六君子湯の解説】~胃腸が弱くて食欲のない人に用いる漢方薬です~

六君子湯(りっくんしとう)の効果や、服用時の注意点、四君子湯や二陳湯との違いについて解説します。脾胃気虚の状態で、胃内停水、悪心、嘔吐、呑酸、水様便をともなう胃腸症状に用いられ、食欲不振、慢性胃炎ではファーストチョイスとなっています。
タイトルとURLをコピーしました