六君子湯

違い・使い分け

食欲がないときの漢方薬【六君子湯】と【茯苓飲】の違いや使い分け

六君子湯(りっくんしとう)と茯苓飲(ぶくりょういん)はともに消化器系の症状に用いる代表的な漢方薬です。構成生薬は一見、非常によく似ていますが、使用目的には若干の違いがあります。使い分けのポイントを説明します。
漢方薬の解説

【参蘇飲の解説】~胃ぐすりを兼ねたカゼ薬と言われる漢方薬~

「胃ぐすりを兼ねたカゼ薬」と言われることもある漢方薬です。胃腸が弱い・元気がない・疲れやすい・食欲がない、などの人の感冒(カゼ)に用いられます。参蘇飲の効果のポイントを、構成生薬の特徴とともに解説します。
漢方薬の解説

食欲不振などの胃腸症状に【六君子湯】の解説~四君子湯との違い~

六君子湯(りっくんしとう)の効能効果、服用時の注意点、四君子湯や二陳湯との違い等について解説。脾胃気虚(胃腸虚弱)の状態で、胃内停水、悪心、嘔吐、呑酸、水様便をともなう胃腸症状に用いられ、食欲不振、慢性胃炎ではファーストチョイスとなっています。
タイトルとURLをコピーしました