八味地黄丸

漢方薬の解説

【六味丸(ろくみがん)】の解説

別名を六味地黄丸または六味腎気丸。八味地黄丸から桂皮と附子の2つの生薬を除いて作られたもので、構成生薬が6種類(六味)である方剤です。桂皮と附子が配合されている八味地黄丸は「冷え」の症状があるときに適しているのに対して、六味丸は逆に「ほてり」があるときに用いらます。
漢方薬の解説

【八味地黄丸(はちみじおうがん)】の解説

加齢に伴う症状に用いられる「腎」を補う漢方薬 八味地黄丸ひちみじおうがんは、腎虚じんきょに対して用いる補腎ほじんの代表的処方です。 とくに腎陽虚じんようきょという状態によく使われます。 簡単に言い変えますと、腎虚とは腎の力が衰...
臓腑の話

東洋医学における「腎」の3つのはたらき

腎は生命力のもと 腎臓といえば、からだの不要なものを尿として排泄する臓器なのですが、 東洋医学的な「腎」は、その他に「生命力のもと」とされる重要な概念があります。 腎のはたらき、または腎が弱ったときの影響を、かんたんに3つに整...
タイトルとURLをコピーしました