漢方薬のインターネット通販を始めました

漢方薬の購入ついて

ネットで漢方薬(煎じ薬)を購入するときの流れ

まず、ネット販売の「薬局製剤」の漢方薬を購入されるときは、 注文から商品が配送されるまでの流れをご理解ください。

通販ページから漢方薬を注文されますと

1.薬剤師から医薬品の情報提供メールが送られてきます。

2.内容をご確認いただき、それに返信をしていただきます。

3.返信にて問題がなければ、注文確定となります。

薬局製剤の漢方薬は、薬剤師が購入者の状況を確認し、必要に応じて適切な情報提供を行うことが義務づけられています。

ネット通販であっても、店頭で購入する場合と同じような手順が必要です。

注文の際は、使用される方の情報を入力していただいて、購入手続きをしてください。

購入者の情報を薬剤師が確認したあと、「(購入される予定の)医薬品の情報提供メール」が送信されます。(購入時に自動配信される注文確認メールとは別です)

その「医薬品の情報提供メール」の内容をお読みいただき、必ず返信をお願いいたします。

1.質問したいことがある場合は、その疑問点などをこのメールで返信

または

2.内容を理解して、質問したいことが特にない場合は、その旨を返信

購入される薬に関して、疑問的やさらに追加の質問がないことが確認されれば、注文の確定となります。

ご返信頂けない場合や、販売する薬剤師がその薬の使用が不適当と判断した場合は、注文がキャンセルされることもあります。

第1類医薬品に分類される医薬品をネットで購入される場合も、同じ流れになります。

インターネット販売用ページ

当方では、Yahoo!ショッピングにて、漢方薬の通販ページを開いております。

煎じ薬の販売も行っています

確かな品質の生薬を煎じてからいただく、昔ながらの本格的な漢方薬です。

↓↓☆通販ページはコチラ☆ ↓↓

Yahoo!ショッピング

その他、一般用医薬品(【第1類医薬品】【第2類医薬品】【第3類医薬品】)や健康食品などの、 インターネットによる販売(特定販売)が可能です。

取り扱い品、登録商品はまだまだ少ないですが、

探している漢方薬などがございましたら、お問い合わせください。

ただし、電話での漢方相談や、土・日・祝日の配送業務は行っておりませんので、ご了承ください。

※医療用医薬品や要指導医薬品、漢方製剤の原料に用いる生薬のインターネット販売はできません。

薬局製剤とは

薬局製剤とは・・・

薬局製造販売医薬品のことで、当該薬局における設備及び器具をもって製造し、当該薬局において直接消費者に販売又は授与する医薬品で、「薬局製剤指針」に適合するもの。

つまり簡単に言うと、「自分の薬局内で作っている薬」ということです。

例えば、漢方薬の例では、カッコン、マオウ、ケイヒ、シャクヤク、ショウキョウ、タイソウ、カンゾウの7種類の生薬を薬局内の調剤室で調合して、〇〇薬局の「葛根湯」として販売します。

薬局製剤の製造と販売は、薬局ごとに、薬局製剤の製造販売承認、製造販売業許可及び製造業許可を取得して行っています。(許可証を薬局内に掲示してあります)

「薬局製剤指針」によれば、薬局で製造販売できる漢方薬(煎じ薬や丸剤、散剤)については現在236処方あります。

ちなみに、医療用エキス剤の漢方薬の品目は148処方、一般用のエキス剤は294処方が存在しています。

煎じ薬とエキス剤の違いについてはこちら

タイトルとURLをコピーしました