安中散

漢方薬の解説

ストレスやお腹の冷えを伴う胃痛、腹痛に【安中散】の解説

安中散(あんちゅうさん)は、中(お腹)を安(案)ずる、お腹の痛みを安らかにするという意味の漢方薬。冷えによる腹痛(または生理痛)やストレス性の胃痛に用いられています。構成生薬とその効果の特徴、適応症、注意点などを解説します。
タイトルとURLをコピーしました