胃痛

漢方薬の解説

【安中散(あんちゅうさん)の解説】~お腹を温めながら痛みを抑える漢方薬~

安中散(あんちゅうさん)は、中(お腹)を安(案)ずる、お腹の痛みを安らかにするという意味があります。配合されるほとんどの生薬がお腹を温める作用をもち、 かつほとんどの生薬が鎮痛のはたらきをするので、冷えによる腹痛(または生理痛)に対して用いられています。安中散の効能や副作用、注意点の解説。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました