吐き気に使う漢方薬

漢方薬の解説

【五苓散(ごれいさん)の解説】~水毒に用いる代表的な利水薬~

五苓散(ごれいさん)は「利水薬」として有名な漢方薬。二日酔い対策の漢方薬として常備している人も多いかもしれません。水が過剰にあることが原因の症状であれば応用できる、適応範囲の非常に広い漢方薬です。五苓散の作用の特徴や、使用時のポイントまとめて解説します。
生薬の話

【まとめ】「半夏」(ハンゲ)を含む、吐き気に効果のある漢方薬

半夏(ハンゲ)は、サトイモ科、カラスビシャクのコルク層を除いた塊茎。水滞によって起こる悪心・嘔吐を治す代表的な薬であり、吐き気に効果のある漢方薬によく(生姜とペアで)配合されています。半夏が配合される代表的な漢方薬についてまとめました。
漢方薬の解説

【小半夏加茯苓湯の解説】~吐き気や嘔吐、つわりに用いられる漢方薬~

小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)は、吐き気、悪心、嘔吐に用いられる基本的な漢方薬。つわりや乗り物酔いなど様々な状況の吐き気に使用されますが、小半夏加茯苓湯が適さない吐き気もあります。吐き気があるときの服用方法についても解説。
漢方薬の解説

【六君子湯(りっくんしとう)の解説】~胃腸が弱く食欲のない人に用いる漢方薬~

六君子湯(りっくんしとう)の効果や、服用時の注意点について解説。脾胃気虚の状態で、胃内停水、悪心、嘔吐、呑酸、水様便をともなう胃腸症状に用いられ、食欲不振、慢性胃炎ではファーストチョイスとなっています。四君子湯や二陳湯などとの違いについても。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました