kampo-do

漢方薬の解説

腹痛を伴う下痢や便秘に「桂枝加芍薬湯」

桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)は、生薬の構成は 桂枝湯(けいしとう)と同じで、芍薬の量を倍増したものになります。小建中湯(しょうけんちゅうとう)から膠飴を除いたものにも相当します。風邪に用いる桂枝湯の芍薬を増やすだけで、なぜお腹の薬として使えるのか。各生薬の働きとともに桂枝加芍薬湯の効果を解説します。
漢方薬の解説

鼻炎などの鼻づまりに「葛根湯加川芎辛夷」

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)の解説。葛根湯にセンキュウとシンイを加えたもので、主に葛根湯の症状と、鼻の症状(鼻がつまる、鼻水が出るなど)があるときに用いられます。
漢方薬の解説

桂枝湯と葛根湯のあいだ「桂枝加葛根湯」

桂枝加葛根湯(けいしかかっこんとう)は、桂枝湯に葛根を加えたものです。桂枝湯、桂枝加葛根湯、葛根湯の違いと使い分けについて。
漢方薬の解説

風邪(カゼ)や蕁麻疹に使われる「桂麻各半湯」

桂麻各半湯(けいまかくはんとう) は桂枝湯(けいしとう)と麻黄湯(まおうとう)を合わせた処方です。 が、生薬の配合をみれば葛根湯(かっこんとう)ともよく似ています。桂麻各半湯の効果と副作用について。また葛根湯との違いを解説します。
漢方薬の解説

「麻黄湯」のシンプルな解説

麻黄湯(まおうとう)の構成生薬は、①麻黄②桂枝③杏仁④甘草の4種類。比較的シンプルな構成ですが、そのため効き目もシャープです。比較的シンプルに解説します
漢方薬の解説

「葛根湯」のキホン

葛根湯(かっこんとう)は、風邪(感冒)の常備薬として活用される代表的な漢方薬です。 風邪薬のイメージが強いですが、カゼ以外の適応範囲も広いです。とても有名な漢方薬ではありますが、基本的なポイントはおさえておきましょう。
漢方薬の解説

「桂枝湯」多くの漢方薬の基本となる重要処方

桂枝湯(けいしとう)は、体力が弱い人の風邪(の初期)に使われる漢方薬ですが、それだけでなく、多くの漢方薬の基礎ともなる最も重要な処方でもあります。桂枝湯の構成生薬とそのはたらきや効果について詳しく解説します。
漢方薬の解説

調胃承気湯と大承気湯のあいだくらいに「小承気湯」

承気湯類のひとつです。医療用エキス製剤にはありませんが、大承気湯はもちろん、麻子仁丸(ましにんがん)などは、この小承気湯がベースになっています。便秘や腹部の膨満感に用いられる小承気湯。作用のポイントや副作用について解説します。
漢方薬の解説

便秘傾向で上腹部が張って苦しいときに「大柴胡湯」

大柴胡湯(だいさいことう)の解説です。作用のポイントや副作用について。ダイエット目的で使われていることもありますが、実証向けの漢方薬ですので注意して使ってください。
漢方薬の解説

補気の王と称される「補中益気湯」

「中(消化器)の機能を補い、気を益す」ということから補中益気湯。胃腸のはたらきが弱り体力が低下している、手足がだるいなどのときに用います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました